Third-gig

Stats of My Life

「習慣の力 」読みました。(2017年22冊目)I read "the power of customs". (22nd in 2017)

習慣の力 The Power of Habit

習慣の力 The Power of Habit

 

 

■感想

タイトル通り「習慣の力」に興味があり手に取ってみました。

 

分厚い本な分、多くの事例が紹介されているのはいいんですが、冗長と感じるところが多々ありました。

 

時間がない人は始めとエピローグ、興味があればスターバックスのところを読めば概要は理解できると思います。

 

私はフットサルを毎週末5年以上していますが、それを例にすると習慣化になるメカニズムは次の3つが何回も繰り返されることで成り立つそうです。

 

<フットサル習慣化を分析>

 

「きっかけ」:毎週末朝
「ルーチン」:個人フットサルに参加する
「報酬」:エンドルフィンの分泌や達成感への欲求

 

特に報酬が重要で私の場合、いいプレーができたときの達成感は何事にも代えがたく何度繰り返しても色褪せることがないので、強固な習慣になっているんだと思います。

 

本にも書いてありましたが、習慣化されるまでは脳に負荷がかかるものの、繰り返されるうちに脳の負荷がだんだんと下がってくる。


つまり、脳の一部に刻み込まれ無意識レベルで行動することができていくそうです。

 

面白いのが、習慣は私たちにちょっとした「決意」と上に書いたメカにニズムを分析して報酬・きっかけを変えれば、習慣を変えることは簡単とのこと。

 

この本を読んで自分が仕事・プライベート問わず、いいなと思っている人の様々な習慣を拝借していきたいと思いました。

 

良本です。

 

<メモ>

第1部 個人の習慣
・習慣のメカニズム
・習慣を生み出す「力」
・習慣を変えるための技術

第2部 成功する企業の習慣
・アルゴアの奇跡
・スタバと「成功の習慣」
・危機こそが好機
・買わせる技術

第3部 社会の技術
公民権運動の真相
・習慣の功罪


エピローグ
ステップ1:ルーチンを特定する
ステップ2:報酬を変えてみる
ステップ3:きっかけを変えてみる
ステップ4:計画を立てる

■Impression

 

I was interested in "power of custom" as the title and tried it in my hands.

 

It is nice to have a lot of cases introduced, as it is a thick book, but there were many places that I felt redundant.

 

People who do not have time at first, Epilog, if you are interested, I think that you can understand the summary by reading Starbucks.

 

I am doing futsal every weekend for more than five years, but taking it as an example
The mechanism to become a habit is made by repeating the following three times many times.

 

<Analysis of futsal habitualization>

"Trigger": Every weekend morning
"Routine": Participate in individual futsal
"Reward": desire for endorphin secretion and achievement

 

Especially when reward is important, in my case, I feel that the sense of accomplishment when I was able to do a good play never fades over anything repeatedly, so I think that it is becoming a strong habit.

 

Although it was also written in the book, although it takes a burden on the brain until it is customized,


The load of the brain gradually decreases as it is repeated.
In other words, it seems to be engraved on a part of the brain at an unconscious level.

 

Interesting is that it is easy to change habits if customs analyze the rhythm of mechanisms written above as a little "decision" to us and change the rewards and opportunities.

 

I thought that I would like to borrow various customs of people who think that they are good regardless of their work or private by reading this book.

 

It is a good book.

 

<Memo>

Part 1 Personal customs
· Mechanism of customs
· "Power to create customs"
· Technology for changing customs

Part 2 Customs of successful companies
· Miracle of Al Gore
· Starbucks and "Habits of Success"
· Crisis is a good opportunity
· Technology to buy

Part 3 Social technology
· Truth of civil rights movement
· Merits and demands of customs


epilogue
Step 1: Identify routines
Step 2: Change rewards
Step 3: Change the chance
Step 4: Make a plan

 

 

習慣の力 The Power of Habit

習慣の力 The Power of Habit

 

 

 

 

世界を変える12の破壊的な技術(12 Disruptive Technologies That Are Changing The World)

マッキンゼー社が公表した「 世界を変える12の破壊的な技術」

 

www.businessinsider.com

 

<日本語訳>

私たちの生活を変えるテクノロジーとトレンドを正確に予測するのは難しいです。インターネットがいかに強力で、産業全体を解体し、数百万の雇用を創出するかを理解している人はほとんどいません。

 

だから次の大きなものは何ですか?雇用はどこにあり、企業はどのようにして世界経済において競争上の優位性を拓くことができますか?

 

マッキンゼーのグローバル・インスティテュート(McKinsey's Global Institute)は、最新の報告書「破壊的技術(Disruptive Technologies):人生、ビジネス、世界経済を変える進歩」でこれについて説明します。著者らは、「この経済的可能性の一部は消費者余剰となり、この経済的な部分のかなりの部分を占めるだろう」と書いているが、これは2025年に年間14兆~33兆ドルの経済的影響をもたらす可能性がある12の技術のリストである。潜在的な効果は企業が獲得し、GDP成長に寄与する新たな収益につながり、他の影響には企業と産業間の利益プールのシフトが含まれる可能性があります。

 

12の破壊的な技術には、モ​​バイルインターネット、知識と仕事の自動化、物事のインターネット、クラウドテクノロジー、先進的なロボット、自律型および自律型車両、次世代ゲノム、エネルギー貯蔵、3D印刷、先進的な材料、探鉱と再生、再生可能エネルギー

 

ここでは、12のテクノロジの内訳とその影響の可能性を示します。 

これらの技術が世界にどのような影響を与えるかを示す素晴らしい図表です。

 

Railsではまったこと(その2:gemのクリーンについて)

非常に参考になりました。

qiita.com

Railsではまったこと(その1:nokogiri installエラー)

 

■事象

rake g controller xxを実行するとエラーが発生。どうやらGemがいけてないらしく

bundle installをすると次のようなエラーが発生

 

>An error occurred while installing nokogiri (1.6.8), and Bundler cannot

>continue.

>Make sure that `gem install nokogiri -v '1.6.8'` succeeds before bundling.

 

ちなみに、bundle installとは

「bundle install」を行なうと、「Gemfile」に書かれたGemパッケージと、そのGemパッケージが依存しているGemパッケージを自動的に調べて全てインストールしてくれます。「Gemfile.lock」はインストールされたGemパッケージの名前とバージョンが記録されたもの。

 

■調べたこと・やってみたこと

 

そもそもnokogiriって何?っていうところだったので調べてみるとどうやらスクレイピイングをする際に便利な機能がついているものらしい。

 

一度、nokogiriをアンインストールして再インストールしたものの変わらず。。。

いろいろググりながら試行錯誤して解決できたのが次の参考サイト。

 

qiita.com

 

やったことは

1.brew doctorを実行(インストールの問題をチェック)

$ brew doctor

 

2.libiconv でエラーがでていたので、指示の通り brew unlink をそれぞれ行いました。

$ brew doctor
Please note that these warnings are just used to help the Homebrew maintainers
with debugging if you file an issue. If everything you use Homebrew for is
working fine: please don't worry and just ignore them. Thanks!

Warning: Some keg-only formula are linked into the Cellar.
Linking a keg-only formula, such as gettext, into the cellar with
`brew link <formula>` will cause other formulae to detect them during
the `./configure` step. This may cause problems when compiling those
other formulae.

Binaries provided by keg-only formulae may override system binaries
with other strange results.

You may wish to `brew unlink` these brews:
    homebrew/dupes/libiconv
    libxml2
    libxslt

 

結果、エラーが解決したものの、イマイチ根本原因がわかっていない状態。

時間があったら調べてみます。

 

一旦の共有でした。

「同時通訳者が教える 英語雑談の全技術 」読みました。(2017年21冊目)I have read "All skills of English chat teaching by a simultaneous interpreter". (21st in 2017)

 

同時通訳者が教える 英語雑談の全技術

同時通訳者が教える 英語雑談の全技術

 

 ◇感想

 

英語でコミュニケーションを外国に人と取ることができるようになりたいので、
そのために必要な話し方のルールやコツを学びたく本書を読んでみました。

 

感想としては日本人同士のコミュニケーションにも通じるところはあったし、全然違うところがあったりと新たな発見があって面白かったです。

 

とはいえ本書を読めば大丈夫、というわけではなく実践してなんぼだと思います。
なので趣味なり仕事なり外国の方がいるコミュニティーに飛び入って会話してみたい、と思う今日この頃です。

 

<メモ>
1.英語で自己紹介をする技術
 ・相手の目を見て、ガッチリ握手し、相手の名前を言う
 ・ミスターが失礼になる場合を知っておく
 どう呼べばいいかどうかを相手に確認するときは
 How should I address you?
 と言う
・What do you do ?(あなたの仕事はなんですか?の意味mある)
・出身地は遠回しに聞く(Where are you from?はNG)
  →Have you lived there for a long time?
・宗教と政治の話は避ける
  ・年齢差別(ageism)に配慮して話す
 ・身内を卑下しない(日本では許されても)
 ・ギュッと力強く握手する

2.英語で話を引き出す技術
 ・何かオススメはありますか?(Do you have any recommendations?)
ジェスチャーの文化差を学ぶ
 →日本では気軽に子供の頭を撫でるが、イスラム諸国ではマナー違反。タイも同様
 →日本ではNo.を言うときに顔の前で手を左右に振るが、英語圏では臭うのジェスチャーの意味
 ・あいづちを打つ
 →Yesばかりではなく、Is that so?などを使ってみる

3.英語で雑談する技術
 ・まじめな話の前に雑談をする

4.英語で話を広げる技術
 ・もっと教えては
 Tell me some about it!

5.英語で好印象を残す技術
・Sorry, I didn’t mean to.(ごめんね。わざとじゃなかったんだ)

6.雑談で使える一言フレーズ
 ・I wonder if you can (あなたにはできるかな?)
 ・I’ve never thought about it.(確かにその通りだね)

 

◇Impression

 

Because I would like to be able to take communication with foreign people in English,
I wanted to learn the rules and tips of the way of speaking necessary for that, so I read this book.

 

As a comment, there was a place where the communication between Japanese people was also familiar, and it was fun to have new discoveries that there are completely different things.

 

Nonetheless, I think that it is okay if I read this book, but I am practicing it.
So I am thinking that I would like to jump into a community where there is a hobby, a job and a foreigner, and I want to talk with you.

 

<Memo>
1. Techniques to introduce yourself in English
· Look at the other's eyes, shake hands and say the name of the opponent
· Know when a mister will be disrespectful
When confirming to the other party whether or not to call
How should I address you?
Say that
· What do you do? (There is meaning of your work?)
· Where are you from? (Where are you from? Is NG)
→ Have you lived there for a long time?
· Avoid talks about religion and politics
· Talk with awareness of ageism
· Do not deprive yourself (even if allowed in Japan)
· Shake hands gently

2. Technology to bring out stories in English
· Do you have any recommendations? (Do you have any recommendations?)
· Learn cultural differences of gestures
→ In Japan it casually caresses the head of a child, but in Islamic countries it violates manner. Same for Thailand
→ In Japan, when you say No. you shake hands to the left and right in front of the face, but in the English-speaking world meaning of gestures of smell
· Hit back
→ Try using not only Yes but Is that so?

3. Technology to chat in English
· Chat before a serious story

4. Expanding the story in English
· Tell me more
Tell me some about it!

5. Technology that leaves good impression in English
· Sorry, I did not mean to. (I'm sorry, I was not on purpose)

6. One phrase that can be used in chat
· I wonder if you can (Can you do it?)
· I've never thought about it. (Surely that's right)