読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Third-gig

Stats of My Life

本感想<UnThink 2014年49冊目>

Book

エリックウォールは人々にライブパフォーマンスを通じて、創造性と行動することの大切さを伝えています。この映像をみてみればエリックウォールがどんな人かがよくわかります。

 


Erik Wahl - Graffiti Artist * Keynote Speaker (2012 ...

 

著者のサイトで自分の適正を調べることができるみたいです。

https://theartofvision.com/unthink

 

◆よかったところ

論理に支配される前、私たちはアーティストであった。大人になる過程で学んできた規律やマニュアルを解放し自分らしく、そして充実した人生を送るにはどうしたらいいのかをわかりやすく伝えています。

 

◆わからなかったところ

とくにありません。

 

◆身につけたい考え•習慣

•ずっと好奇心を抑えていると創造力を失い、影響力のないビジネスパーソンが出来上がってしまう

↑この言葉は忘れないでおきたいです。

•数年間ノルマに従っていると、たいていの人は自分の信念や本来の自分を見失ってしまう

•人は大人になるにつれ、細部を発見する力が失われてしまう。

•「完璧を期したい」はできないことの言い訳

•好きであろうが好きでなかろうが、私たちの大部分が仕事と自分を一体化させてしまっている

•自分らしさを失わないために大胆になりなさい。毎日自分の何かを捨てる勇気を持ちなさない。夢中になりなさい。

 

アンシンク UNThink 眠れる創造力を生かす、考えない働き方

アンシンク UNThink 眠れる創造力を生かす、考えない働き方