Third-gig

Stats of My Life

本感想<知らないと恥をかく世界の大問題5:池上彰 2014年51冊目>

久々の投稿です。ここ最近、社内のプレゼンに集中していたため本を読む機会がありませんでした。

 

 池上彰さんの本はよく買って読んでいます。普段TVや新聞で接するニュースは「よく考える」ことなくスルーしていまっている自分がいます。

ウクライナの情勢は?原発って結局どうなっているんだっけ?中国とベトナムとの海洋問題は?などなど•••

そんなときに池上さんの本はニュースの深い理解&復習に最適だと思います。

また、池上さんの解説を私が信頼しているのは一つには現場に赴く姿勢を感じることができることです。

変に学者っぽくなく、なるべく偏向した考えなく、「事実」を客観的に伝えようとしているように感じます。

最近のニュースを見て、事実と意見がごっちゃになったものが多いなあと思います。