Third-gig

Stats of My Life

本感想<COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2014年 09月号 [雑誌] 2014年59冊目>

今号のテーマは「シンプル」でした。

クーリエは他の記事にはない、グローバルな情報&他の雑誌にはない独自な情報があるので面白いですね。

 

ついつい、買ってしまいます。

 

◆良かった言葉

「人生を楽にするための3か条」

1.失敗からは這い上がろうとせず、「もう少し落ち着こう」と考える

2.大切なことをするときは、力を入れるのではなく、力を抜く

3.常に死を意識して、今という瞬間を楽しみ、人生を充実させる

↑スピード感が求められている世の中で、スローライフ&スローマインドが大切だと思いました。

 

•長時間労働を強いられ、レジリエンスが損なわれると、人はクリエイティビティを育むことができなくなる。

•遊びのような感覚で、普段とは異なる人と過ごしているときに、独創的なものが生まれてきやすい

↑遊び心って本当大切なんだなあと、この31歳になってわかってきたかも。

 

•会話がはずむと仕事も進む

↑コミュニケーションの重要性ですよね。大抵仕事がうまくいかないときは会話がうまくできていないことが原因だと

 

•他人の課題には介入せず、自分の課題には介入させない

•真っ当な仕事ができない自分を認めたくないから、理不尽な上司を作り出している

↑これ、他責NGに繋がる話だと思っています。自分で判断して、自分でその結果を受け止める覚悟あるのかどうかそれだけだと思います。

 

•シリコンビーチ(L.A)と呼ばれるIT企業が800社程集まってきている。

ハリウッドに近いため動画系サービスとコラボしたりするためにいいらしいとのこと。

 

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2014年 09月号