Third-gig

Stats of My Life

本感想<クーリエ•ジャポン12月号 2014年69冊目>

◆感想

多くの人が抱えるであろう悩みに対して、プロフェッショナルが答える、という内容でしたが回答者は起業家•投資家•料理人•心理学者•大統領•大統領の愛人といった、意外性ある人たちです。

 

クーリエの面白いのは、普段にメディアからは得られない知見があるところだと思います。特に一国のメディアに偏ることなく世界中のメディアから選りすぐりの記事を紹介してくれるところだと思います。

 

◆気になった人物

トーマス•ヘザーウィック•••ロンドン出身のデザイナー、3次元デザイナー。


Heatherwick Studio

 

ソフィア•アモルッソ•••ショッピングサイト運営

Nasty Gals Do It Better. 服、シューズ、ビンテージアイテムのショッピング | Nasty Gal

 

ジーナ•ワルシャフスカヤ •••ショッピングサイト運営


Wanelo - Want, Need, Love

 

ヘストン•ブルメンタール•••英国の料理人


ヘストン・ブルメンタール : モラキュラー料理界の雄、ヘストン・ブルメンタール - NAVER まとめ

 

ヘストンの「〜できたのに」や「〜するべきだった」という感情は、人生から取り除かなければならなかった、という言葉は共感できます。

 

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2014年 12月号