読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Third-gig

Stats of My Life

本感想<クーリエ2015年6月号 :2015年31冊目>

 

COURRiERJapon 2015年 06 月号 [雑誌]

COURRiERJapon 2015年 06 月号 [雑誌]

 

 

今号は以下の学問を著名な講師が講義しています。
 
<DAY1>
1.文明史
2.政治哲学
3.人口経済学
4.国際関係論
6.経済史
 
<DAY2>
2.マネジメント論
3.心理学
 
心理学で<メンタル・コンストラクティング>という言葉を初めて知りました。
(意味としては、自分が望む未来を目標として思い描き、続いて障害をイメージする。
ポジティブ思考だけで取り組むより、はるかに目標を達成しやすい。)
 
WOOPという目標達成補助してくれるアプリケーションがすごいよかったです。

www.woopmylife.org

 
なにがいいかというと、心理学の専門家が開発に携わっているので目標達成に必要なことが自然と補えることができます。
 

目標が達成しない理由としては、目標達成で願望が満たされたことをつい想像することで脳が満足してまって、実際行動するとき出てくるであろう障害について考えないことが原因だそうです。

  正月には目標を立てて「よし、やるぞ!」とモチベーションも上がって幸せな感じを持っていたのに、途中で飽きる・辛いなどの理由はまさにこのことかなと思います。

 

WOOPには次の4つの項目を入れます。
(日本語バージョンがないようなので、サンプルを書いてみました。)
 

1,WISH 願望→(例:やせたい)

2,OUTCOM 結果→(例:今より10Kg減量)

3,OBSTACLE 障害→(例:夜寝る前に飲食しない、運動しない)

4,PLAN 計画→(例:夜食をしないよう7時までには食事を終える。週に2回はジムに行って10Km走る)

 

f:id:hideki5793:20150428105242p:plain

 

また、今号はジョブスの本当の姿とは?という記事がとてもよかったです。
ティム・クックのインタビューもありました。
 
ジョブスは、
「最善の物を作りたい」
クリック数とかユーザー獲得のための戦略を先に考えるよりも、ただただこの一点に集中した人なんですね。
 

優先すべきことを優先する、というルールを守ってきた(by クレイトン・クリステンセン)