Third-gig

Stats of My Life

本感想<知らないと恥をかく世界の大問題 (6) 21世紀の曲がり角。世界はどこへ向かうのか? :2015年40冊目>

  

私はこのシリーズが大好きです。

 

というのも、この本を読むことで普段ネットや新聞で自分が目にするニュースがいかに断片的かというのを知ることができると同時に、一段深い理解をすることができるからです。

 

なぜ、タリバンは出てきたのか。
なぜ、イスラム国は日本人まで標的にしたのか
なぜ、ロシアではルーブルが暴落したのか 
なぜ、オバマ政権は最近支持率が衰えてきたのか
なぜ、世界レベルで貧富の差が広がっているのか
なぜ、フランスでテロは起きたのか

 

といった、たくさんの疑問に対して池上さんの考えが書かれています。

 

世界で起きた出来事を単なる「知る」だけなのか、それとも歴史的な因果関係からニュースを「知る」とでは、ニュースの受け止め方も異なってくると思います。

 

世界の出来事に興味ある人、整理したい人、一段深く理解したい人にはオススメの本です。

 

目次

-----------------------------------------------------

プロローグ 大転換期を迎えた世界
第1章 大国アメリカの野望と世界への責任
第2章 ヨーロッパ、衝突の現場から
第3章 イスラムの台頭
第4章 人類共通の問題に立ち向かえるのか
第5章 戦後70年を迎える東アジアの未来志向
第6章 突き進む安部政権が目指すもの
エピローグ 21世紀の世界の作り方
-----------------------------------------------------