読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Third-gig

Stats of My Life

本感想<シンプルに考える:2015年56冊目>

Book

 

シンプルに考える

シンプルに考える

 

 

この本では元LINE代表、森川さんの森川さんの仕事観を知ることができます。

私が一番刺さった言葉は、

 

「シンプルに考えることができる人は悩むことがない。」

です。

 

「いいモノ・サービス」を創りたい!と考えている方は是非、読んでみて下さい。

 

タイトルの通り本の内容もシンプルにまとめられていますが、内容としてはとても深く、洗練されています。

 

私は仕事でとても悩んでいることがありましたが、この本を読んでシンプルな答えを見つけることができました。

 

また、会社とはあるべきか?というのも非常に勉強となる部分がたくさんありました。

特に赤字の箇所は自身にも思い当たることがあり、身を正さないといけないと思いました。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

・ダメな会社ほど会議が多い
・成功を捨て続けることができるか
・受注体質の弊害。考えなくなる。
・優秀な社員が求めているのは、業界トップの「すごい人」と一緒に働くこと
・仕事は与えられるものではなく、自分でつくり出すもの受け身でいる限り、
イヤな仕事が集まるだけ
・人は幸せになると、それ以上を求めなくなる。自分の身を削ってまでユーザーに尽くそうと思う人はほとんどいない
・保身に入りはじめた人は新しい社員を攻撃し始める
・優秀な人ほど喧嘩しない。建設的な議論が進まない人は自分のために戦っている。
 「自分の正しさ」を守るために、相手を攻撃してやまない。
 一方、優秀な人は「自分の正しさ」に固執する人を相手にしなくなる。
・「事務方」は計画をつくり、実行は現場と分けると、責任を現場に押し付け
始める。そして、賢い人ほど「事務方」を目指すようになる。
-------------------------------------------------------------------------------------------