読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Third-gig

Stats of My Life

本感想<男と女のワイン術 :2015年57冊目>

 

男と女のワイン術 (日経プレミアシリーズ)

男と女のワイン術 (日経プレミアシリーズ)

 

 

たまにしかワインは飲まないですが、もっと知識を深めたく購入しました。この本を読めばワインを楽しむことができそうです。

 

読んでよかったこととしては、

ワインには白ならマコン、赤ならメルローと「果実味」、「辛さ」、「酸味」、「渋み」の基準でちょうど中間のものがあること

 

これらを基準があることがわかれば、例えばワイン購入時にいい質問ができそうです。

 

あと、箇条書きですが次の点も参考になりました。


・タレの焼き鳥なら果実味タイプの赤ワイン。すき焼きは濃い赤ワイン。
・身近な価格のワインほど、アタリとハズレの落差が大きい
・チリやオーストラリアのワインはなぜ味が濃く感じるなど、地名によって
味の特徴がある

 

ワインの勉強をしたい方、オススメです。