Third-gig

Stats of My Life

本感想<コーチングの神様が教える「できる人」の法則:2015年74冊目>

 

コーチングの神様が教える「できる人」の法則

コーチングの神様が教える「できる人」の法則

 

 

この本を読むのは二回目となります。今まで経験してきたものだったり、その時の心情によって感じ方が違うなあと思いました。

 

改めて、この本を読んだ感想としてはターゲットはある程度仕事に成果を出している人が、以下の悪い癖を改めるのは難しいということです。

 

<20の悪い癖>
1.極度の負けず嫌い
2.何かひとこと価値をつけ加えようとする。
3.善し悪しの判断をくだす。
4.人を傷つける破壊的なコメントをする。
5.「いや」「しかし」「でも」で文章をはじめる。
6.自分がいかに賢いかを話す。
7.腹を立てているときに話す。
8.否定、もしくは「うまくいくわけないよ。その理由はね」と言う。
9.情報を教えない。
10.きちんと他人を認めない。
11.他人の手柄を横取りする。
12.言い訳をする。
13.過去にしがみつく。
14.えこひいきする。
15.すまなかったという気持ちを表さない。
16.人の話を聞かない。
17.感謝の気持ちを表さない。
18.八つ当たりをする。
19.責任回避する。
20.「私はこうなんだ」と言いすぎる。

 

うまくいっている自分をなぜ変えないといけないのか?それを気づかせてくれるのがコーチングという存在です。

 

けど、基本的には耳が痛い話なので信頼関係がないとなかなか自分の悪い癖を受け入れることは難しいかもしれませんね。

 

ちなみに、悪い癖に対する具体的な直し方も紹介されています。

自分が成果が出せている時にこそ読んで見て欲しい本です。

 

良本だと思います。