読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Third-gig

Stats of My Life

本感想<自分で奇跡を起こす方法:2016年23冊目>

 

自分で奇跡を起こす方法 (中経の文庫)

自分で奇跡を起こす方法 (中経の文庫)

 

 

この本のタイトルである「自分で奇跡を起こす方法」の答えはズバリ、

 

「学ぶ」こと

 

でした。

 

何かこの本を読めむだけで変わることを望んでいる人にとっては期待外れに感じているかもしれません。

 

でも、この学ぶという行動習慣は著者の場合、どれぐらいやっているかというと

次のような感じです。(以下引用)

---------------------------------------------------------------------------

本気は努力の積み重ねによって支えられています。

私は6時15分起床と決めています、そして毎日ブログを書きます。
そこから仕事がスタートします。

歯科治療をしている間も小刻みに仕事に関する本を読みます。
そして仕事が終わってからも勉強します。

世界中どこへ行っても、この生活を変えることはありません
ニューヨークに行っても生活リズムは同じです。

私は酒を飲みにいきません。
飲んで騒ぐなら本を読むほうがいい。自分の知的な欲求を満たすほうが楽しい。

自分が成長することによって出会いが変わります。
自分の知識が高まる。トレーニングして表現できるようになる。
そして相手に魅力を感じてもらう。
感銘してもらったとき自分にチャンスが来ます。

自分が何かを得ようと思ったら自分を高めていくことです。
そのためには学ぶことです。

努力して本質的なことを高めていくことでしかチャンスを
つかむことはできません。

仕事に対する本気さは陰の努力でも必ず伝わります。

 ---------------------------------------------------------------------------

 

私は著者のFacebookの購読者なので、毎日著者のブログがUPされていてそれを読んでいます。

 

なので、本に書かれている著者の学びは本当にしているし、もの凄い量と質の高い学びを継続して行っています。

 

改めて私も継続的に学びはしているものの、量と質は見直しをしようって思いました。

学ぶことが重要だと思っているが、それを再認識したい人にとっては良本だと思います。

 

<メモ>

・人生は、現実の問題よりも、現実をどう受け止めて、それを変えていくかのほうが
大切です。

苦しいときこそ学べ、です。
悲しいときこそ学べ、です。

・ほとんどの人が中途半端にでも学ぶことは重要だと思っていますが、その千倍重要

・学ぶことによって自分の生活や環境を変えようと思ったら、くだらないことに時間を費やすいている暇はない