読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Third-gig

Stats of My Life

世の中の大きな事件は「損得勘定」から〜本感想(2017年1冊目「お金の流れで探る現代権力史 「世界の今」が驚くほどよくわかる 」大村 大次郎(著) )

Book

 

 

❑感想

本書を読んで世界的な大きな事件を読み解くときには「損得勘定」の視点が欠かせないことがわかりました。

 

よく考えてみると、戦争を犯してまで得ようとするのは結局、背に腹は代えられないようなもの、例えばお金や資源がほとんでです。

 

世界はアメリカを中心に、ロシア、ヨーロッパ、中国、中東とのマネー&パワーゲームが表面化では平和に見えても、水面下では激しい戦いが繰り広げられているんですね。

 

今後は中国が勢いをますます増していくなか、私達日本人はどういう振る舞いをすべきかが問われています。

 

個人的には、本書を読んでこれらのところが興味深かったです。


・最近話題になっていた「タックス・ヘイブン」の黒幕
基軸通貨の覇権争い(ポンド⇒ドル)
・オイル資源争い
・日本の借金の原因

 

特に日本の借金について、1000兆円も借金をが増えた原因を恥ずかしながら今まで
知りませんでした。

 

けど、本書を読んで実は☓☓(本書を読んで下さい)が原因であるのを知って目から鱗でした。

 

毎日読む新聞には書かれていたでしょうか?おそらく明記はしていない(もしかしたらできない?)と思います。

 

故に私達は普段目にする経済ニュースでも明確な「損得勘定」が伺えない内容の場合は、本質を理解していないと知るべきだと感じました。

 

世界を学ぶにはお金の流れとセットにするともう一段深い理解をすることができると感じました。


一見、難しいとされる現代史ですが本書はとてもわかりやく書かれています。

 

興味ある方は一読をオススメします。

 

❑Impressions

When reading this book and understanding the big world affair globally it turned out that the viewpoint of "loss of accounts" is indispensable.

 

After thinking carefully, trying to get to the point of committing a war eventually is like something that can not replace belly bellows, for example money and resources.

 

Even though the world seems to be peaceful when the money and power game with Russia, Europe, China and the Middle East is the center, mainly in the United States, fierce fighting underwater fighting is done.

 

In the future as China increases its momentum more and more, we are asked what kind of behavior the Japanese should do.

  

Personally, these books were interesting when I read this book.


· The masterpiece of "Tax · Haven" which was becoming a hot topic recently
· Conflicts of hegemony in the key currency (pound ⇒ dollar)
· Oil resource dispute
· Cause of debt in Japan

 

Especially for Japanese debts, shamefully up to 1000 trillion yen cause of debt increase
I did not know.

 

However, reading this book was actually scaly from the eye knowing that it was caused by ☓☓ (please read this book).

 

Was it written in the newspaper read everyday? I think that you probably do not specify it (maybe you can not do?).

 

Therefore, we felt that we should know that it is not understand the essence in the case of content that clear clear "loss account" can not be seen even in economic news which we usually see.

 

In order to learn the world, I felt I could do a deeper understanding with a flow of money as a set.


Although it is a modern history that seemingly is difficult, this book is very clearly written.

 

If you are interested, I recommend reading one.