読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Third-gig

Stats of My Life

「人もお金も引き寄せる 伝え方の魔法」読みました。(2017年5冊目) "The magic of how to attract and attract people and money" was read. (5th year of 2017)

 

人もお金も引き寄せる 伝え方の魔法

人もお金も引き寄せる 伝え方の魔法

 

 

■感想

思い返せば学校で「コミュニケーション術」って学んだ記憶がほとんどありません。

 

この本を読むと、小さい頃から学校でコミュニケーション術を学ぶための科目があってもいいのになって思うぐらい、コミュニケーションは重要なことだと思います。

 

仕事柄上司から、周りから指摘を受け、またはこういった類の本をよく読んできたこともあって、昔の自分に比べればだいぶコミュニケーションは向上してきたと自負しています。

 

この本にも書かれていますが、コミュニケーションがうまくない人の多くは「自分」を中心した話をしまいがちだと思います。昔の自分もそうでした。

 

自分のことばかり話をしていた結果、相手が何を求めているか?がうまく掴めず、MTGで話すべき内容が全然、進展しなかったこともありました。。。

 

とても苦い経験でしたが、今思えば成長するためのいい機会だったと思います。

 

相手と会話をする以上、必ず「相手がどう思っているか」は常にアンテナをはっておく必要があります。上手くなると相手から「こういう反応をして欲しい」っていうことが言われなくてもわかるようになり、適切な反応をすることができます。

 

この本を読むと日々自分達が無意識に話をしている言葉一つを変える、気をつけるだけでかなり効果が変わってきます。

 

習慣化するまでしばらくは、この本に書かれている方法をチェックリストにして都度、確認して使いこなせるようにしておくことが重要ですね


<チェックポイント>
❏自分が何かをする場合は特別感をだしているか?
❏相手の趣味の話題をふっているか?
❏自分のことばかり話をしていなか
 例:美味しい料理をお店で食べて店員さんにそのことを伝える場合
 ×「とても美味しかったです」(自分のこと)
 ○「素晴らしい料理を作ってくれてありがとう」(相手のこと)
❏多くの人が自分が、「自分が」を言い過ぎ。相手の気持ちを察する
 ・①無理なお願いは一度ハードルを上げてみる
 ・②無理なお願いはまず相手をホメる
❏数字ではなく物語を語る
❏利害関係よりも人間関係を優先する
❏答えは相手に言わせる(あえて核心の部分を伝えない)
❏相手がNoと言えなくなるような質問をする
❏「Q&A法」で相手の脳を飽きさせない
❏日々の冒頭に親近感を付けたような文を書く

 

■Impression

 

I can hardly remember when I learned "communication art" at school.

 

As I read this book, I think communication is important as I think that there are subjects for studying communication skills at school since I was a child.

 

I am proud that communication has improved considerably compared with my old self, as I have been pointed out by business superiors from around us or having read these books of kind carefully.

 

Although it is also written in this book, many of the people with poor communication tend to tell the story centering on "myself".

 

It was the same with my old self.

 

As a result of having talked about only about myself, what is the other's asking for? I could not grasp it well and the contents to be talked about with MTG did not progress at all. . .

 

It was a bitter experience but I think it was a good opportunity to grow if I think now.

 

Before talking with your opponent, you must always keep an antenna on "what other people think". When it gets better, you can understand even if you do not say "I want you to do such a reaction" from the other party, and you can react appropriately.

 

Reading this book changes the words that we are unconsciously speaking each day, just changing your mind will change the effect considerably.

 

For a while until you make it a habit, it is important to check the method written in this book as a checklist and make sure you can use it thoroughly


<Checkpoint>
❏ Do you feel special when you do something?
❏ Are you listening to the topics of the other's hobbies?
❏ Do not talk about yourself
Example: Eating a delicious dish at a shop and telling that to a clerk
× "It was very delicious" (myself)
○ "Thank you for making great food" (About the partner)
❏ Many people say "myself" over themselves. Identify the feelings of the opponent
· ① impossible ask once to raise the hurdle
· ② Impossible asking first for the opponent
❏ Tell a story instead of a number
❏ Prioritize relationships over relationships
❏ Let the other party tell the answer (dare not tell the core part)
❏ Ask questions such that the other party can not say No
❏ Do not let the brains get bored with the "Q & A Law"
❏ Write a sentence with a feeling of familiarity at the beginning of each day

 

 

人もお金も引き寄せる 伝え方の魔法

人もお金も引き寄せる 伝え方の魔法