読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Third-gig

Stats of My Life

「シンプルに考える」読みました。(2017年7冊目)I read "Think simple". (7th year of 2017)

シンプルに考える

シンプルに考える

 

 

❑感想

 

自分の仕事を振り返るときによく読んでいます、というのも、つい自分の仕事があらぬ方向に行っていないか気づかせてくれるからです。

例えば、

・ムダな会議をしていないか?
・職場の空気を読むことが、仕事の目的になっていないか?
・どこかなあなあになっていないか?
・情報共有することが仕事になっていないか?
(生産的な活動をしていない?)
・今いる職場は成長を実感できる場所か?またはしているか?
・・・etc

 

本書で伝えたい最も重要なことは

企業の本質は「ヒット商品を作り続ける」こと。この一点だと思います。

 

これを実践するためには、年齢、職歴、役職に関係なく、ユーザのニーズに応える情熱と能力がある人間が主導権を取ること。そして戦略もすごいシンプルでクオリティの高いプロダクトを、どこよりも早く出し続けることに注力する。

 

一見すると、そのとおり!明日から実践していこうと思える内容なのですが、
個人の意識改革はもちろん、会社全体で取り組みをしていない限りなかなか変わらないのが実情だと思います。

 

本当に変える場合には強いリーダーシップが必要です。

 

本書はとくにIT業界だから、ベンチャーだからという制約はないと思います。
どの会社でも参考にできる内容が書かれています。

 

「でも自分の会社は違う!」と例外を考えるのは、
その人が「できないと決めつけているから」だと思います。

 

本書を読みながら、自分が何を目的に仕事をしているのか、今後どうしていくのかを考えるきっかけを与えてくれる素晴らしい本だと思います。

 

<メモ>
・間違った目的をもった人の割合が多くなると企業文化が変わり始める
・常に成長を実感できる場所に身を置く
・結果を出たときの「幸せ」を知っているのがプロ
・自分の感性で生きる
・職場の空気を読むことが、仕事の目的になっている
・ダメな会社ほど会議が多い

 

 

❑ impressions

 

I often read it when I look back at my work, because it makes me realize that my work is not going in any way.

For example,

· Have you not wasted a meeting?
· Is not it the purpose of work to read the air in the workplace?
· Is not it somewhere annoying?
· Is not it a job to share information?
(Are you not doing productive activities?)
· Is the place where you are now able to feel growth? Or do you?
... etc

 

The most important thing to tell in this book

The essence of a company is "to keep making hit products". I think this is one point.

 

To practice this, people with passion and ability to respond to the needs of users regardless of age, employment history, and position, take the initiative. And strategy is also focused on keeping out a product of simple, high quality products earlier than anywhere else.

 

At first glance, that's right! It is content that I think is going to practice from tomorrow,
I think that it is a fact that it is quite unchanged unless we are working on the whole company as well as personal awareness reform.

 

If you really want to change, you need strong leadership.

 

I think that there is no restriction that this book is a venture because it is especially IT industry.
The contents which can be referred to by any company is written.

 

Considering the exception "But my company is different!
I think that he "is deciding that he can not do it".

 

I think that it is a wonderful book that gives me a chance to think about what I am doing for purpose or what I will do in the future while reading this book.

 

<Memo>
· As the proportion of people with wrong purpose increases, corporate culture begins to change
· Place yourself in a place where you can always experience growth
· You know the "happiness" when you get results
· Live by your own sensibility
· Reading the air in the workplace is the purpose of work
· There are many meetings as a bad company