読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Third-gig

Stats of My Life

「お金のことで後悔しない暮らし方」読みました。(2017年8冊目)I read "How to live with no regrets about money". (8th year of 2017)

Book

 

 

■感想

著者は過去、浪費傾向が著しく借金を背負っていたことからいかに浪費を減らすべきか、無駄を省く術を提示してくれます。

 

<例>
・生活レベルを上げない
・カードはスタメンのみ残す
・旦那への小遣いは週5000円ずつ
・家計簿は一括管理
・・・etc

当たり前と思うものもあれば、参考になることもいくつか書かれていたのですが
どこか寂しいと感じてしまうところもありました。

 

例えば、出費を増やさないための一つ方法として、
「友達の数を増やすの止めてみる」
と書いたあるのを読むと、何だろう。

 

それは付き合い止めれば、支出は減るけれどもやっぱり寂しく感じます。

 

もちろん、共感できたところもあって
「健康な身体でいることは、何よりも節約になる」

 

これは至言だと思います。

 

うまくまとめることができていないですが、節約をもっとしたい人は参考になることが書かれているのでオススメです。

 

 

■Impression

In the past, the author tends to wastefully borrowing debts

We will show you how to reduce waste and eliminate waste.

 

<Example>
· Do not raise your level of living
· Cards leave only the stamen
¥ 5,000 per week for pocket money to husband
· Household account books are managed collectively
... etc

 

Some things are natural, some things to be helpful, but There was a place where I felt somewhere lonely.

 

For example, as one method for not increasing expenses,

"I will stop increasing the number of my friends"
What would you say if you read what it wrote?

 

If it stops dating, spending will decrease

 

After all I feel lonely.

 

Of course, there were parts that I could sympathize with
"Being a healthy body will save you more than anything else"

I think that this is a word.

 

I have not been able to put together well, but those who want more savings are recommended because it is written to be helpful.