読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Third-gig

Stats of My Life

「現役東大生が1日を50円で売ってみたら」読みました。(2017年13冊目)"I tried selling one day at 50 yen for active students at Tokyo University" I read. (13th in 2017)

Book

 

現役東大生が1日を50円で売ってみたら

現役東大生が1日を50円で売ってみたら

 

 

■感想

「自分の1日を50円で売って、なんでもさせていただきます」

とインターネットで募集をして、著者がいろんな人と交流して見たこと、感じたことが書かれています。

 

読んでていいなと思ったのが、著者の性格が自然体というか、無理していない感じが文章を通じて伝わります。

 

なので、いろんな人と交流して書かれている内容は共感しやすいです。

普段接することがないような人と接することで、今までにない発見が出てくるのは楽しいですよね。

 

私もやってみようかな笑。でも東大生じゃないので、キャッチーなフレーズがなかなか思い浮かびません笑。

 

著者は今も続けているようなので、興味がある人はコンタクトを取ることもできるかもしれないですね。

 

あと著者はブログも開設していたんですね↓

www.ryosuke-takano.net

 

■Impression

 

"I will sell my own for 50 yen and I will do anything."

And recruiting it on the internet, it says what the author saw by interacting with various people, felt.

 

I thought that it is okay to read, the feeling that the character of the author is a natural body or not is transmitted through sentences.

 

So, it is easy to sympathize content written and interacted with various people.

By touching people who do not usually come in contact with us, it is fun to discover unprecedented discoveries.

 

I guess I should try it too. But since it is not Tokyo University student, I can not imagine catchy phrases quite easily.

 

It seems that the author still continues, so if you are interested it might be possible to get contact.

 

Also, the author also opened a blog ↓