読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Third-gig

Stats of My Life

「スターバックス成功物語」読みました。(2017年24冊目)I read "Starbucks Success Story". (24th in 2017)

 

スターバックス成功物語

スターバックス成功物語

 

 

感想

 

今まで経営者の本を読んできた中で、感銘を一番受けたし大変心温まる内容でした。

 

それはなぜか?と考えてみると、

 

著者であるハワード・シュルツさんの誠実さが随所に伝わってきことはもちろん、
スターバックスが単なるコーヒーを売るだけではなく、コーヒーの本当のおいしさを伝えることと、仕事でも家でもない第三の憩いの場を作ることを本気で目指していることが伝わったからです。

 

また、失敗に苛むとか、成果がずっと出なくて苦しむといった困難に直面していたことを赤裸々に書かれていることに大変好感が持てたし、学びもたくせんありました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

小売店やレストランでは、顧客がどのような体験をするかですべてが決まる。
たった一度悪印象を与えただけで、永久にその顧客を失うことになるのだ。
パートタイマーとして働く20歳の学生や俳優志願者の手に、
会社の命運が託されているのであれば、彼らを消耗品のように扱ってよいはずがない。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

ハワードシュルツはこう言って、一定時間働く人全員に保険の適用を付与したことは有名な話です。

 

私の偏見でアメリカの企業は使えなくなれば、即解雇のイメージがあったのですが、スターバックスは違うようです。
(できれば、アメリカで働く人に実際に現場の声を聞いてみたいです。。。)

 

私はもし自分が会社を興すとしたら、と想像しながら読んでいましたが、
この本を読んで次の3つは満たせる(創る)ような会社にしたいと思いました。

 

・本物志向(顧客に最高のクオリティーを提供する)を目指し続けること
・難しいことへのチャレンジを推奨していること
・社員との強い信頼関係を構築できること

 

そして、やっぱり会社がうまくいくかどうかは、根底にはハワード・シュルツのように顧客に本物のコーヒーを味わって喜んでほしいと強く願うパッションが一番大切なんだなあと思いました。

 

こればっかりりは人から与えられるものではなく、自分で見つけないといけないところだと思いました。

 

<メモ(ハワード・シュルツ名言)>


・一歩一歩、約束した以上の実績を積み上げていく。
長い目で見れば、それが成功するための唯一の秘訣なのだ。

 

・私が幸運だったことは間違いない。しかし、私の成功は能力と幸運のたまものであると同時に、忍耐と努力の結果でもあるのだ。

 

・どんなことにも意欲的に取り組んだ。自分に責任を持ち、どんな人からも学ぼうとした。チャンスは絶対に逃さず、一歩一歩着実に成功への道を切り開いてきたのだ。

 

・常に成功が保証されているわけではありませんからね。
私は毎日何かを学ばなくてはいけない。優雅になってはいけないと思っています

・惨めな負け犬でいたくなかったら逆境に挑戦し、
平凡な人生という最悪の運命を克服しなければならない。

 

・悲観的な人間の言うことに従っていたら、何も成し遂げることはできない。
安全な分野で安全なことだけやっていたのでは、たいしたことはできないだろう。

・勝利を確信する気持ちがあまりにも強かったので、周りの人たちの期待が小さければ小さいほど、あっと言わせてやれると思って喜んでいた。

 

・こんなに大勢の人から、あなたのアイデアは投資の価値がないと言われたら、
どれほど気持ちが落ち込むか想像してもらいたい。それでも私は、自分の計画が行き詰まるとは思わなかった。一年かけて資金集めに奔走するも、242人にプレゼンテーションして217人に断られた。

・どんな経験も次の経験のための準備に他ならない。次の経験がどのようなものか予測できないだけなのだ。

・幸運とはチャンスを逃さず、自分の将来に責任を持つことに他ならない。

 

・他の人たちには見えない目をこらし、誰がなんと言おうと自分の夢を追い続けることなのである。

 

・不運があきらめから生じる事は間違いないが、幸運はそれを目指した者がつかむのだ。

・何かできる立場になった時には、決して人々を見捨てるようなことはしないと固く心に誓っていた。われわれは、コーヒーを売るために商売をしてるのではない。人々を喜ばせたいと想い、その手段としてコーヒーを扱っているのだ。

 

・私たちは空腹を満たす仕事をしているのではない。魂を満たす仕事をしているのだ。

 

・社員が経営者に不信感を抱くようになった途端に、その企業の将来は危うくなる。

 

・毎日仕事をするにあたって一番大切なのは、会社の価値観を他の社員、とくに新入社員に啓蒙することだ。企業の規模にかかわりなく、正しい社内文化を確立しなければ成功はおぼつかない。

 

・会社を組織してみれば、自分一人では何もできないことがすぐわかる。
心から信頼できる協力者、自分とは違う能力を持ち、価値観が同じ人間を発見できれば、さらに強力な企業を築くことができる。会社の草創期にどのようなシグナルを送り、いかなる価値観を植え付けるかという問題を決して軽んじてはならない。

 

・パートナーと組むときも社員を採用するときも、あなたと同じ情熱、意欲、目標を持つ人物を選ぶことが必要だ。
価値信頼情熱採用目標社員組織

 

・あなたのやりたいことがはっきりしたら、同じことをやった経験のある人物を見つけることだ。

 

・逆境は人間を奮い立たせてくれる。私もそんな計画は実行できないと言われたことが何度もある。いくら否定されても、必ず実行できるという信念を変えなかった。
勝利を確信する気持ちがあまりにも強かったので、周りの人たちの期待が小さければ小さいほど、あっと言わせてやれると思って喜んでいた。

 

・父は1988年1月に肺がんで亡くなったが、このときほど悲しかったことはない。
父には貯金も年金もなかった。何よりも胸が痛んだのは、父が自分の仕事に生きがいも誇りも持てなかったことである。

少年時代の私は、いつの日か自分が会社の経営者になろうとは夢にも思わなかった。
しかし、何かできる立場になった時には、決して人々を見捨てるようなことはしないと固く心に誓っていた。

 

Impressions

 

While I read the book of management until now, I received impression most and it was a very heart-warming content.

 

Why is that? Considering it,

 

Aside from the author 's honesty of Howard Schulz being transmitted all over the place,
Not only did Starbucks sell mere coffee, it was realized that it was seriously aiming to convey the real taste of coffee and to make a third place of rest, not at work or at home.

 

Also I felt a lot like being written in redhead that I was facing difficulties such as frustration and failing to achieve results suffering.

------------------------------------------------------------------------------------

 In retail stores and restaurants, everything depends on what customers experience.
Just giving a bad impression once, you will lose that customer forever.
In the hands of 20-year old students and actor applicants who work as part-time workers,
If the company's fate is entrusted, they can not be treated like consumables.
------------------------------------------------------------------------------------

Howard Schulz said that giving insurance to all people working for a certain period of time is a famous story.

 

If prejudice American companies became unusable, there was an image of immediate dismissal, but Starbucks seems to be different.
(If possible, I'd like to ask people working in the USA to actually hear the voice of the site ...)

 

I was reading while imagining if I had to build up a company,
I felt it necessary to read (book) this three books after reading this book.

 

· Continue aiming at genuine-oriented (providing the highest quality to customers)
· Recommending to challenge difficult things
· Building strong relationships of trust with employees

 

And, after all, I thought passion that I strongly wish for customers to enjoy authentic coffee like customers like Howard · Schulz is the most important thing.

 

I thought that this was not only given by people but a place I had to find by myself.

 

<Note (Howard · Schulz Quotations)>


· Step by step, we will accumulate more achievements than we promised.
In the long run, it is the only secret to succeed.

 

There is no doubt that I was fortunate. But my success is both skill and fortune, it is also the result of perseverance and effort.

 

· I worked ambitiously on anything. I was responsible for myself and I tried to learn from any person. I never miss opportunities, steadily stepped up the path to success one step at a time.

 

· It is not always guaranteed success.
I have to learn something every day. I think that I should not be elegant

· If you do not want to be a miserable loser, try challenging adversity,
We have to overcome the worst fate of mediocre life.

 

· If you obey the pessimistic human beings, you can not do anything.
If you are only doing things safe in a safe area, you will not be able to do much.

· Because the feeling of conviction of victory was too strong, the smaller the expectations of the people around us, the more pleased I thought it could be said.

 

· From so many people, if your idea is told that it is not worth the investment,
I want you to imagine how much feeling will fall. Still I did not think that my plan would be stalled. Although I am struggling to collect funds over a year, I made a presentation to 242 people and refused to 217 people.

· Any experience is nothing but preparation for the next experience. I just can not predict what the next experience is like.

· Fortune is nothing to miss opportunities and to be responsible for your own future.

 

· To keep others invisible, to keep track of their dreams no matter who they say.

 

· There is no doubt that bad luck will arise from giving up, but lucky will grasp those who aim for it.

· When I was in a position I could do anything I swore to my heart that I would never abandon people. We are not doing business to sell coffee. I think that I want to please people and treat coffee as a means to do it.

 

· We are not working to fill hunger. It is working to fill the soul.

 

· As soon as employees become distrustful of management, the future of the company will be compromised.

 

· The most important thing in doing work everyday is to enlighten the values ​​of the company to other employees, especially newcomers. Regardless of the size of the company, success is unlikely unless a proper internal culture is established.

 

· When you organize a company, you can quickly see that you can not do anything by yourself.
If we can trust cooperators from the bottom of our heart, if we have the ability to differentiate ourselves and have the same values, we can build a stronger company. We should never lighten the question of what kind of signals are signaled in the company's early stage and what values ​​we should plant.

 

· When working with partners or employing employees, it is necessary to choose people with the same passion, motivation and goals as you.
Value Reliable Passion Employment Goal Employee Organization

 

· If you know what you want to do, find a person with the experience of doing the same thing.

 

· Adverse circumstances will inspire human beings. I have often told that such a plan can not be carried out. No matter how much I denied, I did not change my belief that I could do it.
The feeling of convincing victory was too strong, so the smaller the expectations of the people around us, the more pleased I thought it could be said.

 

· My father died of lung cancer in January 1988, but none had been sad like this.
My father neither had savings nor pensions. My biggest sore thrust was that my father could not live or be proud of his work.

In my childhood days, I never dreamed I would become a manager of the company someday.
However, when I was in a position where I could do something, I firmly pledged to not do things like abandoning people.

 

 

スターバックス成功物語

スターバックス成功物語