Third-gig

Stats of My Life

映画「楽園追放」が想像以上に面白かった。

 

www.amazon.co.jp

 

 

プライム会員です。映画を探していると、この映画の評価がめちゃめちゃ高かったので観てみました。

 

感想として、世界観・ストーリー・キャラクター・BGM・戦闘シーン等々、どれも一級品って感じで、もう一回観たくなる(3回観た)映画でした。

 

トーリーの出だしは宇宙にある電脳世界にハッキングが地球から行われたことから、主人公である捜査官アンジェラが地球に調査しに行くところから始まります。

 

 

協力員ディンゴと主人公がハッキングの居所を探しながら会話する内容や

そしてハッキングの正体が話す内容から

 

・AIと人との違いは?

・人間以上に人間らしいとは?

・全てが電脳に管理された世界に住むとはどういうことなのか?

・未知なる世界を旅するとは?

・自由とは?

・夢とは?

・・・etc

 

いい年ですが、いい意味で考えさせられる内容が多かったです。

 

 

監督を務めるのは『機動戦士ガンダム00』の水島精二さん。脚本は『魔法少女まどか☆マギカ』の虚淵玄さんだったんですね。これはもう最強タッグだと思いました。

 

ただ、一点、わからなかったことがあります。

 

物語終盤に市街地戦があるのですが、敵の先鋒隊を撃破したあと、後方部隊が多数来た際にまだロケットが打ち上げられていないのに、敵機が引き上げいくシーンが理解できませんでした。。。

 

メインの建物を撃破したからでしょうか?

誰かわかる人がいればコメント欲しいです。

 

本映画はオススメです。