Third-gig

Stats of My Life

Rails configのconsider_all_requests_localとは

trueにすると、すべてのエラーをブラウザに表示する。
falseに設定すると、ブラウザには詳細情報が表示されない。

 

私はこれをきちんと理解せず、trueにしていたため
本番と開発との違いが理解できずにいた。

 

デフォルトでは

・development環境はtrue、
・production環境はfalse

 

エラー時の動作を確認する際、developmentでもproductionと同様の動作をさせたいときは、config.consider_all_requests_local = falseにする

 

 

各設定ファイルの置き場はここ。

・ development: config/environments/development.rb
・ production: config/environments/production.rb