Third-gig

Stats of My Life

「統計学が最強の学問である」読みました。(2017年39冊目)

 

統計学が最強の学問である

統計学が最強の学問である

 

❏感想

ベストセラーになっていたこともあって興味があり読んでみました。

 

個人的にはちょっと文章全体が皮肉っぽく感じたのが×だったのと、後半は特に専門的な理解がないとついていけない(実際いけなかった)と感じました。

 

 

読む人がどういう目的で読むかによって良し悪しが変わる本だと感じました。

 

 例えば、次の2つのうちどちらかの目的を持って読んだとした場合、

 

統計学ってどんな感じなんだろう?なぜ統計学が最強の学問なんだろう?

統計学の専門的なことをもっと知りたい

 

 前者だと本書の内容が難しいために、なぜ統計的が最強の学問なのかも本書では納得がいかないと思うかもしれません。

後者の方だと面白いと思うかもです。

 

上記のように考えると読者を選ぶ本かもしれないですね。

 

<メモ>

1章・・・なぜ統計的が最強なのか?

2章・・・サンプリングが情報コストを激減させる

3章・・・誤差と因果関係が統計的のキモである

4章・・・ランダム化という最強の武器

5章・・・ランダム化ができなかったらどうするか?

6章・・・統計家たちの仁義なき戦い

7章・・・巨人の肩に立つ方法