Third-gig

Stats of My Life

「HUNTER×HUNTER 35」読みました。(2018年13冊目)

 

HUNTER×HUNTER 35 (ジャンプコミックス)

HUNTER×HUNTER 35 (ジャンプコミックス)

 

 

昔からハンターハンターのファンで読んでいます。暗黒大陸編は内容を理解するのにすごくエネルギーを使います笑。その理由の1つとしてはあまりにも多い登場人物。

 

パッと思いつくだけでも、トータル50人以上は出てきているのではないでしょうか。

 

・ビヨンドとその仲間達

・12支

・カキン王国王子14名

・各王子の私設&警護兵(多すぎて数え切れません)

・幻影旅団

・・・etc

 

さらに物語の内容も心理的な駆け引きが多いため、直截的ではありません。理解するのが大変です笑。

 

ただ、登場人物が多くてもハンターハンターはそれぞれの登場人物が物語を面白くする、また物語の最終に必要な「計算しつくされた布石」であるという点が素晴らしいです。

 

どんな物語になるのか、仮説を立てながら読むのが楽しいです。

 

あと、ところどころ考えさせられるセリフもいいですよね。

 

今回はクロロの

「柵(しがらみ)は忘れるものではなく、断ち切るものなので」

とかね。

 

 

次巻に期待です。