Third-gig

Stats of My Life

「不毛地帯第4巻(著者:山崎豊子)」読みました。(2018年23冊目)

 

不毛地帯 第4巻 (新潮文庫 や 5-43)

不毛地帯 第4巻 (新潮文庫 や 5-43)

 

 

副社長の里井が活躍を重ねて昇進していく主人公を妬み、ライバル視して異常な反発や嫌がらせを繰り返していきます。

 

結果、視野が狭くなり会社としての正常な判断ができなくなっていきます。

 

自ら身を滅ぼしていく姿に前のブログと同じことを書いていますが現実でも
起こり得る話だなと思いました

 

人は自分に脅威と感じた人に対しては排除するか、服従するか極端な行動を取るそうですが、大きな組織で競争が熾烈であればあるほど、激しさを増していくのかなと思いました。