Third-gig

Stats of My Life

「不安が消えるたったひとつの方法」読みました。(2018年32冊目)

 

不安が消えるたったひとつの方法

不安が消えるたったひとつの方法

 

■感想

 

不安には生活の不安と人生の不安の大きく2つがある。これら不安に対して、瞑想や他の方法では対処療法にしかすぎず根本解決にはなっていない。

 

仏教の教えこそこれら不安を根本解決する手段と書かれています。

仏教の教えの具体的な内容までは記述されていなかったので、もう少し深く知りたかったです。

 

興味深かったのは次の2点

 

・仏教の教えの取得には52の位があり、最上位がブッダであること
⇒私達はその位以下にあり、教えを体得して上の位にいくと「仏のさとり」を開き
大宇宙の真理に近づくことができ、不安などない状態になるとのこと。

 

・死を意識できていない例え
⇒発着地がどこかわからないまま、飛行機を飛ばしているようなもの。いづれ燃料(命)がつき、堕ちていく(死ぬ)のは決まっているため多くの人が人生の不安を抱えている。

 

ただし、不安を抱えたままで何ら解決ができていないため仏教の教えこそがまさにそれを解決する、と書かれていました
(具体的な内容知りたいー)

 

個人的な感想として、それなりに人生過ごしてきて思うのは、仏教を知っていなくても、ここでいう不安に対して向き合って、なんというか本人が目指すところに向かって、安心・安定して進んでいるいる人は多分にいると思っています。

 

そういう人に出会う度に私はどんな経験を積んできたのだろう?と魅力を感じずにはいられません。

 

おしなべて思うのはそうひと達に共通しているのは

 

感情コントロールができている

 

と感じます。

 

ちょっとしたことに腹を立てたり、不安な表情を見せない。マイナスの感情の起伏が極めて少ないです。

 

言い換えると、毎日が快活な状態。

 

自分もそれにもっと近づくことができたらいいなと改めて思いました。

 

仏教では上記ができそうな感じなので興味があります。

 

仏教に興味がある人もオススメです。

 

<メモ>
・もらうより失う苦しみは2倍
・おごらざる者も また久しからず

露と落ち 露と消えにし 我が身かな

難波のことも 夢のまた夢 

豊臣秀吉・辞世の句

・私達は何かを信じた時、幸せを感じる

・その幸せが大きいほど、裏切られた苦しみも大きいので不安になる

ブッダは別の方向から本当の幸せになれる真理を明らかにされた

・すべての人間は幸福になることを求めている

・無明の闇とは死んだらどうなるかわからない心
無明の闇によって、生死の一大事が引き起こされるので、ブッダはどんな困難も
乗り越えて仏教を開き、無明の闇を断ち切るよう教えられている

 

■Impression

 

In case

Anxiety has two major parts of life insecurity and life anxiety. To these anxiety, meditation and other methods are only a coping therapy and it is not a fundamental solution.

 

Buddhist teachings are written as means to fundamentally solve these concerns.

I did not mention the concrete contents of Buddhist teachings, so I wanted to know more deeply.

 

It was interesting that the following two points

 

· To obtain Buddhist teaching there is 52 th place, the top is Buddha
⇒ We are less than that, when we acquire teaching and go to the top, we open "Buddha's Satori"
We can approach the truth of the universe and it will be in a state without anxiety.

 

· Even if you can not be conscious of death
⇒ It seems like you are flying an airplane without knowing where it's departing and arriving. Many people have anxiety about life because it is fixed that fuel (life) is attached and falling (dying).

 

However, it was written that the teaching of Buddhism is exactly the solution because it was not possible to solve anything with anxiety
(I want to know specific details)

 

As a personal impression, I think that I have spent my life as it is, even if I do not know Buddhism, I am confronted with the anxiety here, facing towards what the principal is aiming for, safe and stable I think that there are people who are ahead of time.

 

What kind of experience have I gained each time I meet such a person? I can not help feeling charm.

 

What I commonly think is that what people have in common is

 

Emotional control is done

 

I feel it.

 

Do not get angry with a little thing, or show an uneasy expression. The undulations of negative emotions are extremely few.

 

In other words, every day is cheerful.

 

I thought again that I should be able to get closer to it.

 

I am interested in Buddhism because I feel like I can do the above.

 

People who are interested in Buddhism are also recommended.

 

<Memo>
· 2 times more suffering than losing
· Persons who are unworthy also have not seen for a long time

It is ourselves like fading, falling, dew, disappearing

Namba also dreams of dreams again

Toyotomi Hideyoshi · Seikei's phrase

· We feel happy when we believe something

· The greater the happiness, the more anxious because the betrayed betrays are also big

· Buddha has revealed the truth that can become true happiness from another direction

· All human beings are seeking to become happy

· I do not know what will happen if I die
Because the unknown darkness causes life and death great things, Buddha has no difficulties
It is taught to overcome and open Buddhism and cut off the darkness of the unknown