Third-gig

Stats of My Life

「部下を伸ばす(著:佐々木常夫)」読みました。(2018年74冊目)

 

決定版 部下を伸ばす (角川新書)

決定版 部下を伸ばす (角川新書)

 

 

礼儀正しさと言われると古めかしく聞こえるかもしれないですが、本書を読んで改めてその重要性に気付かされました。

 

本書を読んでみると、著者の熱い部下への思いが伝わり、とても優しい方という印象を受けました。

 

また、仕事術の紹介にパレートの法則が書かれていました。仕事ができる人はこの法則を駆使しているようです。

 

なお、本書に書かれている内容のうち完全に賛同できなかったところは2つありました。

 

・プレーイングマネージャーになるな

・副業はするな

 

前者は管理職のミッションは部下全員を指導し、仕事のやり方を改善させながら、組織全体の効率を高めることであるというロジック。

 

後者は本業がおろそかになるから、というロジックでした。

 

どちらも、個人的には大きい会社が故の意見なように思えるのは私だけでしょうか?

 

人手が足りない場合は自らプレイヤーにならざる負えないことも多々あります。

また、副業もある企業では、その人にバイタリティがあるかどうかのバロメーターとして採用活動時に副業内容を聞くこともあるそうです。

 

個人的には業務に支障がない範囲で行う副業は、どんどんしてみてもいいのかなと思っています。