Third-gig

Stats of My Life

Chelsea 0-0 Arsenal-0917

緊迫感のある試合でした。

 

今回エジルが出場しなくてラムジーが攻撃のコンタクトを取っていたのを見ると、両方が共存っていうのは難しいかもしれないですね。

 

チェルシー戦に限っていえばラムジーは自分の好きなように動いてよかったので躍動していました。そして、それがハマっていた印象を受けました。

 

たぶんエジルと共存しちゃうとラムジーが↑をしちゃってエジルがバランスを取らざる負えなくなる。つまり、エジルが後ろに下がってしまうんですよね。。。

 

今回のシステムがベストなのかは数試合を観て論じたいですね。

 

アザールのシュートをチェフが難なくキャッチしてたのはこの試合ベストプレーの一つだと思います。

 

www.mirror.co.uk

 

 

Cech 7

Important early save from Pedro and a brilliant late one from Hazard. Excellent.

Koscielny 7

Strong and combative on the right of a back three, always committed.

Mustafi 8

MotM. Great battle with Morata, he played so well, marshalled the defence and dug in.

Monreal 6

Solid in defence, spotted danger and had another impressive game in the back three.

Bellerín 7

Very good performance, particularly in the first half. His pace is vital for Arsenal.

Ramsey 7

Good runs from midfield, hit the post with one great effort, played well overall.

Xhaka 7

His passing was much more disciplined, good distribution and worked hard.

Kolasinac 7

Sets a good tone with his determination and strength. Another good game.

Welbeck 7

Should have scored with early headed chance, worked hard. Came off injured.

Iwobi 7

Offered more urgency and intensity than Ozil does in some away games. Did well.

Lacazette 6

Worked so hard, missed a big chance and got substituted early. Did OK.

Substitutes

Sanchez, for Lacazette, 66 mins, 6

Giroud, for Welbeck, 73 mins, 6

Elneny, for Iwobi, 80 mins

「コミックだからわかる!相手の本音を見抜く仕事の心理術」読みました。(2017年56冊目)

コミックだからわかる! 相手の本音を見抜く仕事の心理術

コミックだからわかる! 相手の本音を見抜く仕事の心理術

 

 

【感想】 

若い人向けに読みやすさを?考慮してマンガ形式にしたものの説明文章が多かったので、本の方が読みやすいと感じました。

 

メンタリズムって、自分の都合のいいように動かすための心理術という印象でした。

 

ですが、著者の
「相手をよく観察して「こう思っているんだな」「こう言ってほしいんだな」と心を読む努力をして相手が動きやすい言葉をかけて、行動を引き出していく。」

 

という主張には、相手側と自分とのコミュニケーションを円滑するための一手段がメンタリズムなんだと私は理解しました。

 

本書で一番インパクトがあったのが脳科学的には「脳は疲れない」ということ。
逆にぼーっとしている方が疲れるそうです。

 

なので、著者は大量の本を読んで脳に刺激を与え続けているのかな、と思いました。

 

【メモ】


1話 初対面の人と話しを盛り上げて「いい人」と思われるには?

・パワー・ポーズ
・周りにいる優秀な人、自信に満ちて見える人の仕草を真似してみる

 

2話 会話を通して自分に「深み」を感じさせるには?

いい意味での「へんなヤツ」と思われること

 

3話 相手の情報を自然に引き出すには?

・話し上手とは聞くのがうまい人
・バックトラッキング

・目の前の人に対して一番滑らない話題は「その人について」聞く事

・通常の人間関係

相手を信頼する⇒重要な話をする

認知的不協和の解消
重要な話をする⇒相手を信頼している(からいいんだ)と思うことにする


4話 相手の決断を引き出す最後の一押しをするには?

・自己決定の優位性
・自分で決めたものはいいものだと思う性質のこと

 

5話 お客からリピートを引き出すには?

⇒割愛

 

6話 値切らずに納得させるには?

人間が行動をする、すなわち決断をする要素には大きく2つ
1.適切な動機
2.切羽詰まった状況

 

7話 気が弱くて断るのが苦手。上手にNoを言うには

⇒割愛

 

8話 職場で味方を増やしていくためには?

・自分の得意な知識やスキルを仲間に提供する
相手に頼まれて何かしてあげると、その結果、あいつはあれで意外と良い所があるんだよなみたいに思ってもらいやすい

 

9話 生理的にどうしても受け付けない人がいるのだけどどうすれば?

・実は自分と似ている。言い換えるともっとも指摘されたくない嫌な部分が、その人を通してみえる

・状況とうまく折り合う方法を見つけたって状況が変わったらまたはじめからやり直しになるだけ。

・嫌なその人とうまくやる方法にたどり着いても異動などで人間関係が変わればリセット

⇒好きな人とばかり仕事ができるようになるにはどうしたらいいか?
もっと人と人脈を深めるにはどうしたらいいかと考えて、次のステージに

・単純接触効果
・ティットフォータット
⇒同じような行動を取る人に対して好感度を抱きやすい

 

10話 異性の部下・お客から狙った行動を引き出すには

脳は疲れない。ただ飽きるだけ。

逆にぼーっとしているときのほうが集中時に比べて20倍のエネルギーを消費する

 

【English-Version】

 

<Impressions>

Readability for young people? Because there were many descriptive texts of things thought into manga format considering, I felt that the book was easier to read.

 

Mentorism was the impression of psychology to make it move as convenient for me.

 

But, author's
"Look closely at your opponent and strive to read the mind that" I'm thinking like this, "" I want you to say this, "and the other party draws out actions with easy-to-move words. "

 

In my opinion, I understood that one means to facilitate communication between the partner and me is mentorism.

 

The most impact in this book is brain science that "the brain does not get tired".
On the contrary it seems that those who are drowning tired.

 

So, I thought the author would continue to stimulate the brain by reading a large number of books.

 

<Memo>


1 episode Encourage talks with people who first met face to face "good people"?

· Power · Pose
· Imitate the gesture of a superior person who is around, a person who looks full with confidence

 

2 story How do you make yourself feel "deep" through conversation?

What seems to be a "strange person" in a good sense

 

3 talks How can I take out the other party's information naturally?

· People who are good at listening to being good at talking
· Back tracking

· The topic that does not slip the most for people in front of you is asking "About that person"

· Regular relationships

Trust the other party ⇒ Make important talk

· Eliminate cognitive dissonance
I will make an important story ⇒ I think I trust the other person (is good)


4 talks How to make the last push to bring out the opponent's decision?

· Advantages of self determination
· Things that I think decide oneself is a good thing

 

5 stories How to draw repeat from customers?

Omitting

 

To convince without talking about 6 talks?

There are two major factors that human beings take action, that is, decisions
1. Proper motivation
2. Stuck in a situation

 

7 I am weak in feeling weak and refusing to refuse. To say No well well

Omitting

 

Episode 8 How to increase ally at work?

· Offer your own good knowledge and skills to your colleagues
When asked by the other person to do something, as a result, it is easy for him to think like he's surprisingly good in that place

 

Episode 9 There are people who will not accept physiologically by all means what should I do?

· Actually, it is similar to me. In other words, the unpleasant part that I do not want to be most pointed out can be seen through that person

· Just finding a way to get along with circumstances will only be redone from the beginning as the situation changes.

· Reset if human relations change due to change etc even if we arrive at a disgusting person and how to do it well

⇒ How can I get to work with just my favorite people?
Thinking about how to deepen people and more, on the next stage

· Simple contact effect
· Tit fort
⇒ It is easy to embrace likability for those taking similar actions

 

10 story Heterosexual men · To bring out actions aimed at by customers

The brain does not get tired. Just get bored.

Conversely, when you are drowning, you consume 20 times more energy than when concentrating

「SWITCHインタビュー 達人達(たち)「米林宏昌×辻口博啓」」観ました。

ついつい見入ってしまった。

 

特に辻口さん。今でもコンテストに挑戦し続けてるってところがとても印象的でした。ケーキ買いたくなりました^^

 

www4.nhk.or.jp

 

ameblo.jp

 

 

www.h-tsujiguchi.jp

「アナザースカイ-草刈民代」観ました。

バレーのことは全然しらないけど、一つのことを極めようと挑戦する姿はカッコ良かったです。

 

自分の体を使った表現で勝負している人は輝いて見えます。

 

<HP>

another sky-アナザースカイ-

 

www.youtube.com

「バッタを倒しにアフリカへ」読みました。(2017年55冊目)

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

 

会社の友人が薦めてくれたので借りて読んでみました。

 

めちゃめちゃ面白いです。

 

バッタを愛してやまない著者が単身、アフリカ・モーリタニア共和国に行ってバッタの研究のため悪戦苦闘する奮闘記です。

 

本の内容から本当にバッタを好きというのが伝わるからでしょうか?普通の人なら心が折れるくらい大変な出来事も、前向きの捉えて研究を続けている著者に共感だけでなく尊敬の念すら抱かせてくれる内容でした。

 

また個人的には、ポスドク(博士研究員)として研究費の調達の大変さを知ることができたのも勉強になりました。論文掲載等、研究者同士の競争も激しいんですね。

 

1つのこと(本書ではバッタ)に対して知的好奇心・探究心を極めるためには、ものすごい情熱があってこそ、というのを本書で改めて学びました。

 

大変オススメです。