Third-gig

Stats of My Life

「最強の教養 不確実性超入門」読みました。(著者:田渕直也 2020年71冊目)

非常に読み応えがある、いい本でした。

 

本書を読んで「予測できる未来」と「予測できない未来」があり、不確実性のもとでは短期的な視野にならず、人間の特徴も理解した上での中長期的な判断が求められることを理解しました。

 

なお、

自己増幅的フィードバックは、悪いことが連鎖して致命的な事態に至らしめようとする恐ろしい現象であると同時に、良いことが連鎖して予想をはるかに超える成果をもたらしてくれる要因ともなる。だから、悪い方向に働く自己増幅的フィードバックの負の連鎖からいかに素早く抜け出し、良い方向に働く自己増幅的フィードバックからいかに大きな成果を上げられるかが、長期的な成果を左右する決定的な要因となるわけだ

 

 ↑のフィードバック理論を知っていることは、今後の様々な判断材料として使えそうです。

 

また、人間の思考には次の特徴があり、それがリスクに対する客観的な評価を誤らせていることも理解しました。

 ・人は明確な原因を探りたがる

 ・不確実性の過小評価

 ・自己正当化の欲求

 ・自己奉仕バイアス

 

特にモノゴトがうまくいっていないときは、振り返りとして原因を探りたくなりますが、私は本書から

「残念ながら確率的に起きてしまったこと」として、振り返りの調査を終わらせることも重要だと感じました。

 

仕事だと原因を人、さらにはその人の「意思」に求めがちな会社は多いと思います。

 

リーマンブラザーズを破たんへと追いやったリチャード・ファルドCEOは、無能だったから、あるいはリスクというものを理解していなかったから対応を誤ったわけではない。彼もまた、生き馬の目を抜くと評されるウォール街で成功を収め、市場の恐ろしさやリスクについて深く理解しているはずのプロ中のプロだったのだ。それでも、予期しない非常事態に遭遇して、現実を見失ってしまった。人は、過去に起きたデキゴトを後付けの解釈でしか見ることができない。

 

不運として捉えるだけでいいのか?それとも非常事態の捉え方を仕組み化していれば、ダメージを最小限にできたかは、もはや過去のことなので実証の仕様がないですよね。

 

専門の部署にまかせっきりにして、いつの間にかそれに誰も抗えなくなったり、逆に都合よく解釈すればいいだけの参考情報になったりするのだ。だが、リスク管理の本質は、専門的で技術的な部分にあるのではない。不確実性にいかに対処するかということこそが、その本質なのである。そして、不確実性に備えることは、特殊な機能などでは決してない。すべての意思決定者がわきまえておかなければならない意思決定の本質そのものである。不確実性は、不確実なものであるがゆえに、完全に克服することなどできない。 

不確実な世の中であることをまずは理解する。

例えば今回のコロナ禍なんて、ここまでの広がりなんて予測はできなかったはずです。

 

OSが業界標準となったことは、ビジネス展開のうえで非常に有利な立場をマイクロソフトにもたらす。そして、その有利な立場を徹底的に利用することで、マイクロソフトは「成功が成功を呼ぶ」プロセスに見事に乗ったのだ。このようにひとつの成功がその後の大きな成功の土台となることは、ビジネスの世界の至るところにみられる。もちろん、成功した者が次もまた必ず成功するとは限らない。だが、何らかの割合で、小さな成功をより大きな成功に結びつけることができる企業が現れる。

確かに成功が次の成功の結果になっている人や企業も一定数いると思いました。

まさにフィードバック理論ですね。

 

べき分布を生む事例に共通してみられるのは、ある結果が生まれたときに、その結果が原因となって結果が再生産されるという自己循環的なプロセスである。この結果が結果を生むプロセスは、フィードバックと呼ばれている。

 

原因と結果の大きさが結びつかない、というロジックを本書で初めて目にした言葉で感慨深かったです。

 

オススメです。

英語学習_NativeCamp_Log(8/2-8/8:3回 2020年69回 通算:250回)

先週は3回でした。システムC/Oもあり、自分の中では今年トップ5に入るぐらいバタバタしていましたが、なんとか乗り切りました。

 

リモートワークであれば通勤時間分を英語に当てられるのですが、先週は全出社でした。

 

来週も気が抜けない状況ではありますが、コツコツがんばります。

 

今の教材はTOEICリスニング問題を聞いては、英語で答えるの繰り返しです。

文を見ればすぐわかる内容も、聞いてみるとさっぱりなことが多いです。

 

 

 

    • What would I have to do?

    • I'd be pleased to help you.

    • Are you currently using a different firm?

    • Yes, Fisber Wireless. I don't have a contract with them, though.

    • I've subscribed through their month-to-month plan.

    • In that case, I believe we can start you almost right away.

    • I only need some basic details such as your residence and what type of telecom service you need.

    • The board of directors is planning a production increase next fiscal year.

    • Firstly, they want us to confirm we have enough space in our warehouses.

    • We're already at full capacity in those locations.

    • I can't see how we could use them to contain more inventory.

    • Well, we have to find a way, because we're anticipating much higher customer demand.

    • Higher production is to meet that demand.

    • In that case, I'll put a team together and we'll devise some potential solutions.

    • I'll e-mail them to you by Thursday.

     

  • 気がつけば250回NativeCampをしました!

  •  

    1000回ぐらいは行きたいとは思うのですがw

  • 実りが出てくると嬉しいです。 

モノゴトが「うまくいっているとき」「うまくいっていないとき」

 

「大きな川の流れに逆らわず、その中で自分のベストを尽くす」

 

最近、このフレーズが自分のなかでは気に入っています。

 

全てが自分の思いどおりになるのは、自分と向き合うだけの、例えば、芸術家であっても難しいと思う。

 

ましてや多くの人と共同で何かする、なおのこと難しいだろう。

 

社会人経験をもう10年以上積んでいるが、その中で個人も組織も「うまくいっているとき」「うまくいっていないとき」は大別として以下のような傾向が出ていると思う

 

「うまくいっているとき」

・笑顔が多い

・快活

・前向き、かつ建設的な検討

・ゴールを達成できそうなイメージがきちんと湧く

・コトの問題をどう解決するかに集中している

・健康である

 

「うまくいっていないとき」

・不平不満などの愚痴が多い

・体調・精神不良者が出てくる

・精神論的な話が多い

・ゴールを達成できない絶望感が漂う

・ヒトの問題にフォーカスしてしまっている

・常にモヤモヤしている

 

こう箇条書きにしてわかったのですが、健康であることは「うまくいく」ことの土台かもしれません。

 

美味しいもの食べて、ぐっすり寝てから、それぞれの問題にどう対処するか、FACTと数字とロジックを使って考えることが重要かもしれません。

 

モノゴトがうまく言っていないときは、まず

 

「美味しいもの食べて、ぐっすり寝ること」

 

これをおすすめしたいと思います。

 

 

 

 

 

歯医者に行ってきた

定期検診に行ってきました。

 

歯科医院の先生から言われたことを忘れないようにメモ↓

 

・フッ素濃度の高い歯磨き粉を使うこと

・うがいは軽く一回でいい。フッ素を口の中に少し残すため

・フロスは歯を磨いた後

・舌の置く位置は本来上の歯の裏側

・口が空いていると歯が前に出てくるので常に閉じる習慣を

・口の周りの筋肉が衰えないように

などなど

 

歯のメンテナンスは定期的にすべきですよね。

次回は4ヶ月後です。

 

メモ:8月5日付の日経新聞

寺西重郎氏(一橋大学名誉教授)の米中の「文明の対立」を社会構造から分析した記事は面白かった。

 

要点は下記3点

・個人の社会経済観が社会の秩序付け規定

・西洋社会の法治に対し中国は人治が基本

・地球的課題での協働と相互の尊敬が必須

 

まず、西洋的なルールや法制度は自由・人権・民主主義といった啓蒙的価値から成り立っています。日本もこの西洋のルールや法制度を倣っています。

 

一方、歴史の本を読むと中国は超中央集権国家です。あれだけの領土や人をまとめるには強い「人治」が必要。そして、それで社会が成り立っている。

 

となると、西洋のルールや法制度とは親和性がないので、対立が起きやすいと理解しました。

 

どちらにしても双方が歩みよるためには、両国の歴史や社会の理解は欠かせないと理解しました。

 

久しぶりに記事を切り取って、熟読しました。