zashii-1434

Stats of My Life(おいしい人生を味わうために、コツコツとチャレンジしたことを書くブログ)

自分の短所と向き合う勇気

「大変さをアピールしているように聞こえる

 

部下から自分のマネジメントについて改善点がないか聞いたときに、はっと気付かされた言葉でした。

 

私が「XXで大変なんだよね」と周りに吐露するときに、そう捉える人もいるんだなと。

 

自分ではこういった吐露を無意識にしていた分、驚きもあったし直すべきだと思いました。

 

自分の言動がどれだけ周りに影響を与えるか、っていうのを考えると基本的にはネガティブなことは言うべきではないというのが持論です。

 

だからといって、全ての負の感情の吐露を面前に出してはNGというわけではないけど、タイミングと言う相手は慎重にすべきだろう。

 

こういった気付きをさせてくれた部下に感謝します。

 

やっぱり人は物事がうまくいっているときよりも、うまくいっていないときに自分の短所と向き合うことが多くなるので、そこでどれだけ自分が直すべきところを受け止められるかが重要だと思う。

 

それができたら、あとは行動で示していくだけです。

 

耳の痛い話をどれだけ受けとめられるかも、本人の器量が試されているなと改めて思いました。

付加価値とは何かを考える

今のコンサルはプロジェクト管理になってしまっていると、↓Youtubeのなかで発言がありました。

www.youtube.com

自分が今行っていることはまさにプロジェクト管理に近いです。

 

ただ、プロジェクト管理は必要不可欠ではあるけど、付加価値という観点から言えば今後においては危機感を抱いています。

 

どんな職業においても付加価値というのは存在すると思っています。

 

高い付加価値といえば、わかりやすいのはiPhoneかもしれません。

卓越したデザインは唯一無二だからこそ、高い値段でも買う人が絶えません。

 

コンサルにおいても、その人でないと解決できないものであればあるほど高い価値となります。

 

付加価値を意識していくことは、今後ますます求められてくるようになると思います。

自分のアイデアをイニシアチブとした仕事は面白い with ChatGPT4 #仕事

仕事の時間を何かで消費するなら、自分がワクワクするもの、意義深いと感じる活動に時間を使いたいと以前から思っていました。組織に属する以上、ある程度の業務基準が必要なことは理解していますが、自分のアイデアを主導とした仕事を続けていきたいです。

 

イデアといっても、一般的にはデザイナーを思い浮かべがちですが、私の場合はそういったものに限らないです。コンサルでゼロベースからお客様に提案書を作成すること、事業会社で事業戦略を練ること、日々の仕事にちょっとした工夫を加えることも、すべてアイデアの一つだと考えます。

 

ただし、アイデアを主導できる仕事は実際にはかなり限られているかもしれません。毎日、何かしらのアイデアをずっと考えている仕事は困難ですが、その仕事を続けている人は考えることが好きなのだと思います。

 

このブログは私のアイデアに基づいて形成されています。何を書くかも、書かないかも完全に私の裁量に委ねられています。仕事に限らず、プライベートでもそういった領域を増やすことに意識を向けると、日々の過ごし方も大きく変わると思い、ふと考えてみました。

 

このブログでは読んだ本の感想を中心に書いていますが、日々考えていることをもっと書き留めるために活用するのも良いかもしれません。

 

ちなみにアイデアをイニシアチブとした仕事って具体的に何か?をChatGPT4に質問したら以下の回答がありました。

回答内容みると種類は様々でも、どうアイデアを振る舞うかは自分次第なのかなと思いました。

---------------------------------------------------------------------------------

起業家・創業者 - 自分のビジネスアイデアを基に会社を設立し、新しい商品やサービスを市場に提供します。


フリーランス - デザイナー、ライター、プログラマーコンサルタントなど、特定のスキルを生かして独立して働きます。


アプリ開発者 - スマートフォンタブレット用のアプリを考案し、開発からマーケティングまでを手掛けます。


作家・著者 - 小説やノンフィクション、詩などを執筆し、出版します。


アーティスト・イラストレーター - 絵画、イラストレーション、デジタルアートなど、視覚芸術の分野で活動します。


楽家・作曲家 - 音楽作品を創作し、公演やレコーディングを通じて発表します。


映画・動画制作者 - 短編や長編映画YouTube動画など、映像作品を企画・制作します。

発明家 - 新しい技術や製品のアイデアを考案し、実用化を目指します。


ゲームデザイナー - コンピュータゲームやボードゲームのコンセプトを考え、開発プロセスをリードします。


イベントプランナー - 企業イベントや個人的なパーティーなど、様々なイベントの企画・運営を手掛けます。


ファッションデザイナー - 衣服やアクセサリーのデザインを行い、ファッション業界でのトレンドを創造します。


インテリアデザイナー - 室内の空間設計を手掛け、機能性と美観を兼ね備えた生活空間を創出します。


料理家・シェフ - 新しいレシピや料理法を開発し、レストランや料理本で発表します。


エデュテイナー(教育+エンターテイメント) - 教育的な内容をエンターテイメント形式で提供し、学びと楽しさを組み合わせます。

 

↓ChatGPT4のイメージ図

 

MOOCを使って勉強しようか悩み中 with ChatGPT4

MOOCを使って継続して勉強してスキルを高めている人って、どれぐらいいるだろう。

自分も興味はなくはないが、継続して勉強するには計画立てが必要ですよね。

 

MOOC(Massive Open Online Course)を使用してMBA(Master of Business Administration)の勉強をすることは、柔軟にかつ低コストでビジネススキルを磨く素晴らしい方法です。多くの有名大学や教育機関が高品質なオンラインコースを提供しています。以下に、MBA学習におすすめのMOOCプラットフォームとコースを紹介します。

Coursera

Wharton School of the University of Pennsylvaniaから提供される「Business

Foundations Specialization」は、ビジネスの基礎を学ぶのに最適です。マーケティング、会計、経営戦略など、MBAの重要な分野をカバーしています。
University of Illinois at Urbana-Champaignの「iMBA」プログラムも、全体的なMBAコースをオンラインで提供しています。このフルコースは、戦略的リーダーシップや経済学など、幅広いビジネススキルを教えます。

edX

Massachusetts Institute of Technology (MIT) の「MicroMasters Program in Statistics and Data Science」は、データ駆動の意思決定が重要な現代ビジネスにおいて、高度な分析スキルを身につけるのに役立ちます。
University of Michiganが提供する「Leading Teams」コースは、効果的なチームリーダーシップと組織内コミュニケーションスキルを学ぶのに適しています。

FutureLearn
London Business Schoolが提供する「Business Strategy and Entrepreneurship」は、新しいビジネスベンチャーを立ち上げるための戦略的思考を学びたい人に最適です。
University of Leedsの「Innovation: the World's Greatest」では、イノベーションがビジネスや社会にどのように影響を与えるかを探ります。
これらのコースは、MBAの学習において基礎から応用まで幅広い知識を提供してくれます。しかし、実際にコースを受講する前に、自分の学習目標や興味のある分野を明確にしておくことが重要です。それによって、最も適したコースを選択できるでしょう。

現職PMの立場からするとものすごい納得感:「戦略の要諦」( 作者:リチャード・P・ルメルト 2024年16冊目) 

 

プライベートも含めて、戦略を考えることが多くなってきました。

 

経営を勉強しているといろんなフレームワークや戦略の考え方を知ることができますが、本書が1番しっくりきます。

 

理由は戦略の立て方が"現実的"だからです。

ミッションやパーパスは戦略を遂行するのに本質的な要素となり得ないのは納得です。

 

・理論からよい戦略を導き出すことはできない。

・戦略を設計するときには、想像力と、実際に使われている戦略の知識を組み合わせ、
それぞれ使えそうなところを活用することが必要

・今日のビジネススクールの問題点は、いくつかの理論と演繹的推論を教えるだけで
実部のバリエーションを教えないこと

・収集・分類・選別からもっとも困難な問題を明らかにする
・選別では重要性と取り組み可能性を評価する

・どこなら勝てるか?

・いますぐ取り組み可能であるという条件は、長期的な課題を避けて通ることを意味しない。
最も重要な勝負どころにフォーカスして行動計画に落とし込むという困難なプロセスをやらずにすむことになる

・重要性と取り組み可能性の2軸で考える

・観察、状況判断、意思決定、行動
 →OODAループを敵より速くループをこなせば、敵を混乱させて勝つことができる

 →企業経営で機敏さがとりわけ重要になるのは、顧客対応と新製品の開発・市場投入のサイクル

 →リードすることは実際には重要ではない。
(リードしているのだと敵に思わせること。遅れをとったと感じると、誰しもミスを犯しやすくなる)

・戦略とは重大な課題を克服すべき設計された方針と行動の複合体

良い目標とは?

 ・問題を整理して曖昧さを解消し、解決可能な単純な形で整理し直す。

 ・達成する方法がわかっている。または達成する方法が見つかると合理的に予想できる

 ・明確な選択肢を示し、焦点をしぼり、意見対立を解消し、何をすべきかすべきでないかを理解する助けとなる

 ・必ずしも全員が賛成するとは限らない

仕事で自分は頑張っているのになぜかイマイチだと評価されている人にぜひ読んでほしい。それには明確な原因があります。:「稲盛和夫 明日からすぐ役立つ15の言葉」( 作者:稲盛 和夫 2024年15冊目) 

 

 

・言葉には、言霊と言うように大きな力がある

・マイナスの言葉は、マイナスの結果しか生まない

 

まさに至言だと思います。

家族や仕事のチームメンバーにも言霊について説明する機会が多くなりました。

 

自分の仕事人生を振り返れば、20代はうまくいかないことが多かったです。今から思えば理由は明確なのですが、それは「独善的」だったからです。

 

当時の自分は独善的って言われても納得はできなかったでしょう。けど、今になってわかるのですが、当時の自分は根底に「認められたい!」という我が強かったです。

 

少しずつ自分のカドがとれて、PMになってからは周りのために動くことが多くなってからは、好転してきたと思うことが多くなりました。

 

そんな自分は稲盛和夫さんの本に共感、勉強させてもらうことが多いです。

 

本書も側近の方が稲盛和夫さんの言葉を自分のノートに書き留めていたなかで、至極の言葉を厳選して紹介してくれています。

 

1.謙虚さは「魔除け」になるんだ

2.成功を「試練」と思えるか、どうか。

3.素直に言って、素直に叱られて、素直に反省する

 ・失敗を直視する能力が、人を成長させる

4.人生は、死んでからのほうが、長い

 ・自分だけが得をするような利己的な生き方をすれば、そのときはよくても、けっして長続きはしない

5.過去を否定しては、ダメなんだ

 ・何を始めるにしても、まずは現状に感謝しなければならないんだ

 ・リーダーはどんなときでも、人の気持ち、心がどう動くかがよくわかってないといけない

 ・厳しさだけではなく、優しさや思いやりも必要なんだ

6.怖がり屋だから、周到な準備ができる

 ・リーダーは怖くても、怖い素振りを見せたらダメなんだ

 ・不安を顔に出さないというスキル

7.悪いことを思うと、人生そのものが悪くなる

 ・善きことを思い、善きことを行えば、善きことが起こる

8.芸姑さんに気を配れば、芸姑さんは喜ぶ。だからお客様も喜ぶ

 ・なんでお前は、芸姑さんにお酌ができないんだ

9.人間として何が正しいかで判断すれば、間違いはない

 ・誰が正しいかで、判断してはならないんだ

 ・誰から見ても正しい判断をすべきだ

10.人から嫌われたくない人は、結局、うまくいかない

 ・部下をかばうのが、上司の役割だと勘違いしていないか?

 ・部下をかばうから、部下が育たないんだ

 ・小善は大悪に似たり

 ・大善は非常に似たり

11.昨日よりは今日。今日よりは明日。明日よりは明後日。

12.掃除を創造的に取り組むと、どうなるでしょうか?

 ・知恵があり、工夫を怠らない人というのは、掃除の仕方も違うものです

 ・去年と同じなら、この一年間、お前は死んでいたのか?

13.仕事のこだわりが、仕事をダメにすることもある

 ・独善的になると、何をしてもうまくいかなくなるんだ

 ・動機は善であるか?私心はないか?

14.いいリーダーとは、現場の力を引き出すリーダー

 ・社員が、あなたと同じような気持ちになって知恵を出せば、その効果は絶大なものになる。

15.見えてくるまで考えよう

 ・自分で考えるからこそ、いい仕事ができるんだ

 ・仕事をするうえでは、どんなに環境が変わろうとも、不変の自分なりの判断基準、つまり哲学が必要なんだ。そうでないと、環境が変わるたびに右往左往し、判断が変わることになる。それでは組織は動かせないんだ

 ・大切なことは「お腹の中」に残っている

自分の仕事を棚卸ししてみよう with ChatGPT4

自分の職務経歴書からChatGPT4にスキルを抽出してもらいました↓

--------------------------------------------------------------------------------

プロジェクトマネジメント: 複数の会社で様々なシステム導入・開発プロジェクトのリーダーやマネージャーとしての経験が豊富。プロジェクトの計画立案から実行、テスト、導入までの全工程を経験。

システム開発: JavaJavaScriptSQLPythonCobolを使用した開発経験。特に会計システムの開発において、要件定義からテストまでの全工程にわたる経験。

ビジネスプロセス再設計(BPR): 事務センター設立や月次決算の早期化など、業務プロセスの効率化に関するプロジェクトをリード。

財務管理: 会社全体の予算作成、予算管理、KPI管理。特に、会計知識を活かした予算管理や資金繰りの経験。

ベンダーマネジメント: システム開発において外部ベンダーとの交渉や調整を行う経験。

チームリーダーシップ: プロジェクトマネジメントのスタイルとして、チームメンバーへの指示だけでなく、課題整理や解決策の提示と実行を自ら行うスタイル。

コミュニケーション: ステークホルダーとの密なコミュニケーションを通じた課題解決能力。

多様な業界での経験: ベンチャー企業から大手企業まで、異なる規模感やカルチャーの中での業務経験

--------------------------------------------------------------------------------

一部の人から見ると自分のキャリアは割りと良く見えているかもですが、結局は目指す方向が明らかでないと、それが良いかどうかの判断はつかないですよね。

 

自分はやっぱりPMを専門っぽい感じなのですが、PMって会社によって役割が微妙に異なったりします。(※単に上に報告だけで終わる人もいれば、現場に入ってゴリゴリと進める人もいます)

 

なので、本当に汎用的、高度なPM力を鍛えるのであれば、自分の裁量があるフィールドを狙うのがおすすめです。

 

個人的には外国の方と一緒にプロジェクトを進めた経験がないので、色んな価値観を持っている人とプロジェクトを回してみたい思いが強くなってきました。

 

さらに欲をいえば、自分が関わるプロジェクトは"意義がある"ものがいいなという思いも強くなってきました。むしろ、自分からプロジェクト企画を提起できるところが自分はやはりいいのかなとか、、いろいろ考えてしまいます。

 

何にせよ、自分の仕事を棚卸ししてみると、こんなこともやっていたなっていうのがわかるので可視化しておくことは重要です。

 

職務経歴書は定期的に更新することをおすすめします。