1434-193

Stats of My Life(おいしい人生を味わうために、コツコツとチャレンジしたことを書くブログ)

ブランディングの教科書(著者:羽田康裕 k_bird 2022年46冊目) #読書 #ブランディング  所要時間:35分

 

 

 

「企業ブランディングが大事だ!」

 

と過去の会社で言われているものの、自分の中でブランディングが何たるかを理解していないため本書を買って勉強してみました。

 

結論、自分の中でブランディングについてはある程度、こういうものだっていうのはざっくりですが理解できました。

 

本書が特に良かったは、ブランディングはビジネス戦略であるため3C分析やKGI・KPIと絡めてブランディングの戦略や戦術についての記述が丁寧に書かれていたことです。

 

ブランディングとは、ブランドに対して生活者からの感情移入を創り、指名買いし続けてもらえる状態を創る取り組み」

 

下線部がとてもわかりやすかったです。感情移入が入らないものはブランディングではないのがポイントです。

 

確かにある消費者がアップル製品は洗練されたデザインでカッコイイと感じる場合は、アップルは感情移入を創り出していると言えます。

 

本書で何度も書かれていたことがですが、ブランディング活動するための分析は得てして企業側の勝手都合になりやすいと強調されていたことです。

 

顧客理解するためのペルソナといった分析は一旦は、企業側の都合はなしにした上で分析することが重要だと理解ました。

 

経営戦略に関する本を数冊読んだ上で、本書を読むと経営観点としてのブランド戦略の理解がきちんとできるので、そこからブレイクダウンされる戦術的な分析手法やブランディング活動も腹落ちしやすいと思います。

 

ちなみに経営戦略に関する本は今まで何冊も読んで来ましたが、私は↓が1番しっくりときました。

 

各種経営戦略手法がなぜ利用されるようになったのか?その背景にある時代の変遷がきちんと書かれているのが秀逸だと感じました。

 

 

ブランディングの関する本は本書が初めてですが、とても良かったです。

おすすめです。

 

<重要メモ>

目指すべき将来像を「企業・ブランド側」に置くのではなく、「より良い社会・ライフスタイル」に置くことができれば、ブランドが示したゴールは生活者に限らず、社会との共有・共創が可能になる

 

CPAとは獲得顧客1人当りのコスト

獲得顧客1人当りのコストが下がれば、事業全体の変動費が下がる。

すると、事業利益が拡大し、次の成長に向けた潤沢な投資が可能

 

過去の小さな問題を一つ一つ解決していけば、いつかは問題のない完璧な理想像が実現するはず、というのは錯覚。

短期的な課題と長期的な課題は、その性質が大きく異なる以上、わけて考えるべきです。

 

ブランド連想は「生活者の認識の内側」で「長期的」に創られる。

 

ブランディングは機能・デザイン・メッセージなどに関する多くの情報を意味的に関連付けてパーソナリティにまとめ上げ、そのパーソナリティを記憶し続ける方が、機能・デザイン・メッセージなどをバラバラに記憶するよりも効率的に記憶することができる

 

消費者セグメンテーションとは?

自社ブランドに感情移入してもらいやすく、購入し続けてもらいやすいターゲットを発見することを目的に、消費者を分類すること

→(例)地理的変数・人口動態変数(デモグラフィック変数)・心理的変数(サイコグラフィック変数)・行動変数

 

ターゲティングとは?

生活者とブランド双方の利益を最大化するために、どのような生活者にマーケティング資源を集中するかを決めること

ターゲットとは一塊の消費者郡に過ぎない

ターゲットの根底にある価値観や行動特性などを把握することはできない

→ターゲットからの逆算発想ができない

 

売上=ターゲットリーチ☓トライアル購入率☓リピート購入率

ターゲットを絞るという考え方は、限られたターゲットに対してブランディングの資源を集中させることでトライアル購入率とリピート購入率を引き上げる取り組み

 

ペルソナをデザインする際の注意点

まずは商品のことを頭から切り離して、ペルソナを取り巻く環境や感情を徹底的に考え、想像する

 

差別化が置いている前提とは?

競合ブランドとの「比較」が前提

比較した上で「競争優位」を築くことが前提

Barber山本さんのマーケティングを考えてみるVer1.2 #ヘアーカット #理容師 #鼻剃り

いつも私の髪をカッコよくしてくれる山本さんから、

 

TikTokで50万回再生超えてからTiktok経由で新規お客様が来て頂けるようになりました!」

 

って話を聞いてすごい嬉しかったです。ちなみにTiktokはこちら↓

www.tiktok.com

 

山本さんはコツコツとマーケティング活動をしては動画の改善を重ねていったそうなので、努力が実った形となります。

 

けど、山本さんは

 

「人気が出てくると新規の予約が多くなり、既存のお客様が離れていかないか心配です。」

 

と言っていて山本さんの人柄の良さを逆に感じました。

 

今後も山本さんを応援していきたいと思います。

 

 

気がつけば、私達の多くはフォロー数&再生数を気にするようになりましたよね。

 

私も趣味でYoutube動画をアップしたりしていますが、再生数欲しさに派手なことをしても一過性にすぎないので、戦略的にコンテンツを作ることが大切なのかもしれません。

 

コンテンツが個人のブランドを形成していくので。

 

私の場合は気軽に子供と遊んだこと。もしくは自分の活動ログ的な意味合いで動画をアップしていることが多いので、もう少し視聴者向けにコンテンツをしっかり作ってみてもいいのかもしれません。

 

コツコツ楽しみながら頑張りたいと思います。

 

<過去ブログ>

zashii.hatenablog.com

 

 

川崎行きました #川崎

住んでいるところから近いので足繁く通っている街です。

 

駅にはラゾーナ川崎を筆頭にたくさんのお店があるので買い物に困ることはないです。

 

ラゾーナ川崎1Fにテスラのお店があるのですが、テスラの車ってシンプル設計な感じが自分的にはカッコイイです。欲しいなーとは思っています。

 

あと、ちょっとした家族のお祝い事で川崎ダイスにある山水苑に行きました。

www.yakinikusansuien.com

ここ最近焼き肉食べてきたなかでも、カルビが1番美味しいお店だと思っています。

良かったら寄ってみてください。

 

あと、カフェですが駅前周辺は混んでいることが多いのですが、私は駅からちょっと歩いたところにある、エクセルシオールカフェ相鉄フレッサイン川崎駅東口店が好きです。

 

空間が広いカフェっていいですよね。ここはゆったり過ごすことができます。

 

そして、なんといってもフットサル好きには私が特にオススメしたいのがSalu川崎です。

 

futsalpoint.net

ここはスタッフの方も親切なのはもちろん、私が通っている個サルメンバーはいい人(プレーを一緒に楽しむことができる)が多い印象です。

 

個人的には朝7時から個サルがあるのがいいです。

 

子供の世話をしないといけないパパさんにとってはこの時間帯はいいと思います。

早起きもするので休日を充実して過ごすことができると思っています。

 

住みやすさはやっぱり治安的な不安が多いようです。私は川崎駅近くよりもちょっと離れたあたりのほうが静かに過ごすことができていいかなと思います。

 

sumaity.com

 

以上、川崎レポートでした。

スモールビジネスの教科書(著者:武田所長 2022年45冊目) #読書 #武田所長  所要時間:5分

 

 

 

スモールビジネスのメリットと、それを実践するための理論が書かれています。

 

とはいえ、もう少し著者が興したビジネスの実体験があると学ぶところがたくさんあったかなと思っています。

 

コンサルティングファーム出身というのもあって、書かれている内容が理路整然としているのはGoodなのですが、著者のエピソードがあるとより読者に対して訴求力があると思いました。

 

【本書におけるスモールビジネスの定義】
・年間安定して3000万円以上、自由に使える金を2年以内に創出出来る
・事業価値の最大・最速成長よりも安定着実を重視し関係者に対して利益をもたらす
・売上は100億円以下を目安とする
・オーナーの人生の自由度を重視し自己資本での運営を基本とする

【スモールビジネスが与えてくれるもの】
・安定した高い収入
・充実したプライベート
・共通の価値観を持ち時間・精神に余裕のある友人
・自分ならではの独自性
・追求しがいのある目標
・対人関係のストレスからの解放


<目次>
序章 スモールビジネスの概要
スモールビジネスとは何か

第一章:スモールビジネスの戦略を立案する
戦略構築ステップ1 .自分の経験を振り返り探査領域を定める
戦略ステップ2 .探査領域において儲かっている企業を発見し儲かる手法を知る
戦略ステップ3 .対象顧客セグメントを明確にし、バーニングニーズを発見する
戦略構築ステップ4. 成功している企業の「儲かる手法」を改変しマイナーチェンジコピー品を創出する

第二章 スモールビジネスの戦略を実行する
検討の進め方
事業計画の作成と市場への参入戦略
ラクスル事例から考えるスモールビジネス
代理店と直販の考え方
スモールビジネスを実行する
スモールビジネスその後

世界を変えた10冊の本(著者:池上彰 2022年44冊目) #読書 #池上彰  所要時間:3分

 

 

 

聖書やコーランなど、人類に大きな影響を与えた本を著者の視点での解説が書かれています。

 

原書を読んだことがない人にとっては、初級編として本書はオススメです。

 

私はマックス・ウェーバーの本を読んでみたものの、難解だったので著者の解説は参考になりました。