Third-gig

Stats of My Life

英語学習_NativeCamp_Log(5/17-5/23:1回 2020年36回 通算:217回)

  • 今週は1回しかできませんでした。。。
  • いくら忙しいとはいえ、1日30分も時間作れないのか?と言われれば
  • これは自分の惰性によるところが大きいです(_ _)

今週は5回目標で頑張ってみます。

 

ちなみに、TOEICコースPart1では下記設問をヒアリングしたら先生に英語で言います。

この勉強はとてもためになると思っています。

  •  

    • (A) The woman is folding up a piece of paper.

      (A)女性は紙を折っています。

    • (B) A handbag is resting against the woman's hip.

      (B)ハンドバッグが女性の腰に当たっています。

    • (C) The woman is adjusting her reading glasses.

      (C)女性は老眼鏡を調整しています。

    • (D) A bench is being knocked over.

      (D)ベンチが倒されている。

    • (A) A man is wheeling a cart through a crowd.

      (A)人が群衆の中をカートを動かしている。

    • (B) A man is carrying a load of books.

      (B)男が本をたくさん持っている。

    • (C) A man is walking along the edge of the path.

      (C)道の端を歩いている男性。

    • (D) A man is unloading boxes from a truck.

      (D)男がトラックから箱を降ろしている。

    • (B) The man is opening the lid.

      (B)男性が蓋を開けています。

    • (C) The man is cooking some food.

    • (D) The man is holding a dish.

      (D)男が皿を持っている。

     

「コンサルタントは決算書のどこを見ているのか会社の経営状態を見抜く22の質問」読みました。(著者:安本隆晴 2020年50冊目)

予算と実績管理業務に携わっているため、とても勉強になりました。

 

決算書では会社のすべてがわかるわけではない。しかし、付属情報や経営者への質問によって、経営状況がきちんとわかると理解しました。

 

今まで時価総額と決算書のつながりがよくわからなかったのですが、

下記の式で理解しました。

 

純資産は企業価値ともいえるので

時価総額ー純資産 = 見えない無形資産

になります。

 

<ポイント>

・企業によっては決算書に計上されない、見えない無形資産があること
・その見えない無形資産が企業の競争力の源泉になっていて、ますます重要になること
・会社を分析する際には、非財務諸表もきちんと見ること

 

 

具体的には以下例

<決算書では見えないもの>
・アフターサービス力
・情報システム力
・在庫管理力
・商品企画力
・明確なゴール設定力
・現場からの報告体制
・生産部門と協力会社の信頼関係
・すぐれたコーポレートガバナンス
・人材育成力

 

 

他にも下記について、経理まかせの会社が多いかもしれないですが、

決算書は経営者の意見だ
棚卸資産の評価方法
減価償却の評価方法
引当金の計上
・減損
不良債権や不良在庫の評価減

 

アメーバ経営で有名な稲盛さんも管理会計で独自の減価償却を考案されているのが書かれた本を読むと間違いないと思いました。

  

もっと早く読んでおけば良かったなあと思える本でした。

 

 

つい、下記の本も購入してしまいました。

 

ユニクロ監査役が書いた 強い会社をつくる会計の教科書

ユニクロ監査役が書いた 強い会社をつくる会計の教科書

  • 作者:安本 隆晴
  • 発売日: 2012/05/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

schoo「アンガーマネジメントを活用いたコミュニケーション術-後編」観ました。

本講義の中にあった「アンガーマネジメントとは怒らないことではない」というのが目から鱗でした。

 

職業柄、プロジェクトマネージャーはアンガーマネジメントのスキルは必須だと感じました。

(余裕があればアンガーマネジメント講座をきちんと受講したいと思いました。)

 

というのも、いろんなメンバーと働くことはもちろん、トラブルが発生することが多いからです。

 

私も日々の仕事に対して、他人に対して怒りの感情が沸き立つことは多いです。

 ・責任転嫁

 ・長い言い訳

 ・返信ない(無視)

 ・タスクをしない

といったことなど。

(もちろん、私も常に自分のタスクを完遂できているわけではないですが)

 

 

けど、そういう相手に対して怒りが沸き立つときに、条件反射的にものを言うのではなく、グッと堪えることが少しずつできるようになった気がします。

 

それはなぜか?

なるべく自分が下記のマインドで仕事をすると前に進めることが多かったからです。

 

・まず謝罪をする

(行き違うがあったかもしれない、自分にも落ち度が少しでもあったと感じれば言っているような気がします。)

・いかにコト(事象)に対して具体的な解決をするのか

・自分の正しさのために闘わない

 

こういうマインドで仕事をすると、プロジェクトが前に進むことが多かった気がします。

 

あと、怒りに任せて人格否定をするような人と今後も付き合いか?という意味では誰もNoだとは思うので、そこは次のようなこともきちんと言ったほうがいい。というフレーズを↓に書きます。

 

「お怒りのXXのところは理解に努めるものの、△△の部分は明らかに人格否定なので、私は許容できません。退席させていただきます。」

(授業では人格否定は反則技であり、ハラスメント。場合によっては録音もありとのことです。)

 

 

また、部下に注意すべきことは具体的に理解してもらえるように、次のようなことを言っていましたが、使えそうな気がしましたので、それも記載します。

 

「あたなは言い訳しているけども、XXXという状態では、安心して仕事を任せられる状態とはいい難い。もし、認めない場合はそういう判断をせざる負えない。それは理解できるか?」

 

  

授業を学んで感じたことは、自分の「べき」というのは場合によっては、自分の非を認めず、相手を強く攻撃してしまう「呪い」になりかねない怖さを感じました。

 

人はバックグラウンドも全然違う以上、多様な価値観を持っている。また感情も人さまざまである。

こう考えると、自分の「べき」というのは割と柔軟に変えられそうな気もしますよね。

 

怒りにまかせて人格否定してくる人とは付き合わない。距離を取る。

自分が他人に対して怒るときは条件反射的に動かず、まず時間を少しおいて、冷静になってから理論的、建設的に物事を進めることが重要だと感じました。

 

 

schoo.jp

英語学習_NativeCamp_Log(5/10-5/16:1回 2020年35回 通算:216回)

先週からTOEIC800点コースを受講しました。

先週は少し進捗が悪かったので来週挽回したいと思います。

 

TOEICのリスニング問題パート1〜4を解きます。

回答後に自分で設問を英語言うことを求められるので、本当に理解しているかのチェックもできます。

 

オススメです。

 

あと、世界史が好きなので、英語で書かれた世界史の本を買いました。

無理せず1ページずつコツコツと続けたいと思います。

 

<メモ>

amassed 貯蓄した
regime 政権
vassal 家臣
inauguration 就任

「グローバル時代の必須教養「都市」の世界史」読みました。(著者:出口治明 2020年49冊目)

北京・ベルリン・パリ・ロンドン・ニューヨーク・ローマ・イスタンブール・デリー・サマルカンド・カイロ

 

歴史の学びかたは、事件・人物といった様々な観点がありますが本書は

上記都市の観点から歴史を学ぶことができます。

 

どの都市もそれぞれ個性があり面白かったです。

 

私が旅行で行ったことがあるのはニューヨークだけですが、本書を読むとそれ以外の都市にも旅行したくなります。

 

建物や街のつくりには歴史がもちろんあって、過去に優れたグランドデザインした都市は、今の時代の人にも大切にされていることがわかるとより歴史が楽しくなります。

 

グローバル時代の必須教養 「都市」の世界史

グローバル時代の必須教養 「都市」の世界史

  • 作者:出口 治明
  • 発売日: 2017/03/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)