Third-gig

Stats of My Life

本紹介(自分の小さな「箱」から脱出する方法)

「箱」という表現を使って、人間関係が悪くなってしまうとはどういうことなのか説明しています。

まだ実践し体得まではできていないのですが、何度も読み返し少しずつ「箱」から脱出してみたいと思います。

 

以下、本を読んだときのメモです。よかったら参考にして下さい。

 

「自己欺瞞とは、他人に対してどうあるべきか、という自分自身の感情に逆らってしまうこと。いったん自分の感情に背いてしまうと、周りの世界の現象に対して自分への裏切りから正当化して視るようになってしまう。そうなると現実を視る目が歪んでしまう。したがって、この状態を箱の中に入るということになってしまう。

この状態では、他人の欠点を大げさにあげつらい、自分の長所を過大に評価、一方的に相手に非があると考えてしまう。

 

自分が箱の中にいることによって、相手も箱の中に入れてしまう。

箱の中にいると互いに相手を手ひどく扱ってしまう。自分を正当化する理由を探して相手を非難する共謀関係ができてしまう

相手の為に何かしたい、という時に箱の外にでることができる」

 

 

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 156人 クリック: 3,495回
  • この商品を含むブログ (411件) を見る