読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Third-gig

Stats of My Life

本感想<COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2014年 04月号 [雑誌] 2014年45冊目>

4月号のテーマは「心が強い人」

勝ち続ける企業、チームに密着して何が強いのかを検証しています。

 

◆良かったところ

朝令暮改の企業こそがグローバル競争で勝ち残ると記載があり、YouTubeが昔は動画を使ったデート相手のマッチングを行っていたのは知りませんでした。

•必要に迫られて習得した能力は、苦労せずに得たものより協力なものとなる。

難題が能力を開花させる、というのは一理あると思います。

•ルーティンを続けていると、「自分は常に充分な準備をしているのだ」という安心と自身が生まれ、成果があがりやすくなる。

 

◆わからなかったところ

クーリエにはたくさんの記事があるのですが、今月のテーマは最後にそれをまとめてくれると記憶に残り易いかも

 

◆身につけたい考え•習慣

•もう既にキャリアの身につけは、ハシゴ型ではなくジャングルジム型になっている。つまり、肩書きではなく仕事の内容を考えて横へ、下へ、前へ、外れたところへ動くことが求められる。先々まで綿密な計画をあまり立てないことが大切だとのこと。

•短期的なリスクを負っても、長期的なリターンに賭けろ