読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Third-gig

Stats of My Life

子供のために「安全基地」を作っていますか?〜本感想(2017年2冊目「愛着障害」岡田 尊司(著) )

Book

 

愛着障害 子ども時代を引きずる人々 (光文社新書)

愛着障害 子ども時代を引きずる人々 (光文社新書)

 

 

❑感想

私は本書の主旨を次のように理解しました。

 

子供が小さい頃に親が本書で書かれている「安全基地」でいること。

安全基地ができていれば、その子は安心して、世界を広げにいろんな人間と積極的に関わり、または冒険をして世界を広げていく。

 

仮にその子に危機が迫ったとしても「安全基地」があれば再度挑戦をしていくことができる。逆に「安全基地」がなかった子供は大人になったとき、様々なトラブルを抱えることになるそうです。


・親との確執、もしくは過度な従順
・傷つきやすさとネガティブな反応
・ストレスへの脆さ、うつや心身症のなりやすさ
・極端な反応を取りやすい
・過度に意地を張りやすい
・自分の可能性を試す事への過度の不安、投げやり、無気力、諦めがつきやすい
アイデンティティを確立する青年期に躓きやすい。
・人と「道化」という関わり方をする。 自己卑下。根底には自己否定感がある。
・嘘をつく。

 

もし、自分が上記のいずれかに当てはまると思うのであれば是非、本書を読んで欲しいです。ずっと悩んでいた人は本書を読むとその根底が親との愛着障害によるものとわかるかもしれません。

 

Amazonの評価レビューを読んで本書で救われた人がいかに多いことを、逆をいえば
苦しんでいる人は世の中たくさんいるんですね。

 

著者曰く歴史的な文人愛着障害があったことを説明しています。

 

谷崎潤一郎
太宰治
夏目漱石
・A・ヘミングウェイ
・M・エンデ
バラク・オバマ
ビル・クリントン
・ステーブ・ジョブズ


子を持つ親は知育の前に、私達親は子供にとって本書でいう「安全基地」を作れているか是非確認して欲しいです。


個人的には以前ブログで紹介した「毒になる親」もセットで読んで欲しいです。

zashii.hatenablog.com

 

本書はオススメです。

 

❑Impression

I understood the gist of this book as follows.

 

Parents should be a "safe base" written in this book both materially and spiritually for children as children are small.

If a safety base is in place, the child relieves himself, actively engages in various people to expand the world, or adventures We will spread the world.

Even if the crisis comes close to the child, if there is a "safe base" you can try again.

On the contrary, children who did not have a "safety base" are said to have various troubles when they become adults.

<examples>

· Father's feud or excessive obedience
· Vulnerability and negative reaction

· Brittleness to stress, susceptibility to depression and psychosomatic disorder
· It is easy to take an extreme reaction
· To be overly meaningless
· Excessive anxiety about trying your own possibility, throwing, lethargy, easy to give up
· It is easy for adolescents establishing identity.
· It is related to people as "clown". Selfishment. At the root is a sense of self denial.
·lie.

 

If you think that you apply to any of the above, please do read this book by all means.
People who have been suffering for a long time may find it rooted in the attachment obstacle with parents when reading this book.

 

Read Amazon's review review and find out how many people were saved in this book,
There are many people suffering in the world, are not they?

 

The author explains that historical writers also had attachment disorders.

· Junichiro Tanizaki
·Osamu Dazai
·Natsume Soseki
· A · Hemingway
· M · Ende
· Barack · Obama
· Bill Clinton
· Stave · Jobs


Parents with children can prepare 'safety bases' in this book for parents before intellectual training I would like you to check it.


Personally I would like you to read "Poisonous Parents" previously introduced in blogs as a set.

 

zashii.hatenablog.com

This book is recommended.