読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Third-gig

Stats of My Life

「気力より体力 一流のコンディションを手に入れる」読みました。(2017年4冊目) I got "I got top-notch physical condition better than my strength" and I read it. (4th in 2017)

Book

 

気力より体力 一流のコンディションを手に入れる

気力より体力 一流のコンディションを手に入れる

 

 

❏感想

 

会社の本棚に置いてあったので、借りて読んでみました。感想として、自分でもビックリだったのですが、著者の「体力を上げないと、気力も知力も上がらない」の考え方が

私と全く一緒、かつ実践している内容も似ているものが多かったです。

 

体をきちんと管理している人はどれぐらいいるのでしょうか?

 

私の狭い交友関係をみての見解ですが、今まで出会ってきた人の中で管理している、できている人は「10%」もいないと思います。

 

逆にいえば、できている人は仕事の成果もきちんと出ていました。

 

20代の頃、上司が飲み会も夜遅く(朝まで)、1日13時間以上(たびたび会社に泊まる)人でもの凄く仕事ができる人がいました。

 

けど、上司以下のメンバーは長期的には疲弊して休むことが多かった気がします。
(それでも若いメンバーばかりだったので頑張ってい出社していた方だと思いますが)

 

また、そのときの自分を振り返ってみると、単に「長時間会社にいるだけ」で仕事の生産性は悪かったことに気づくことができていなかったです。
(どこか会社に長く滞在していることで貢献しているような気になっていたかもしれないです。)

 

今では、体調管理をきちんとして、成果を上げている上司の元で経験を積んだおかげで
運動・食事・睡眠は以下の行動を習慣化しています。

 

【運動】
・週末にフットサル
・筋トレ

【食事】
・昼は弁当(軽食)
・飲みに行っても1次会までしか参加しない
・お酒は基本週末

【睡眠】
・平日も23時までには就寝
・土日も平日と同じ23時に就寝

 

もともと、私は体調不良になって平日の仕事の生産性が下がるのが嫌だと思っていたので、ちょっとでも体調不良を起こす確率を下げたく、そのためにできることはやってきたように思います。

 

また、最近は「仕事のために」だけではなく「週末を全力で遊びたいから」日々、体調を万全をきちんと整えておきたいと考えるようになった自分もいます。

 

昔は俗に言う仕事人間だったので、あまりプライベートを充実させるって考え方を
もっていませんでした。

 

けど、ON(仕事)とOFF(プライベート)の切り替えをはっきりすることはとても重要だと思います。

 

この考え方が持てるようになると、

 

例えば、

過去、週末に会社用のパソコンを家に持って帰って緊急度は高くないのにメールを返信する人がいました。

 

仕事人間から見ると、「仕事がんばっているね」と評価するかもしれません。
けど今の自分は「なんで平日にやりきらないんだろう」ってむしろ否定的に考え方に変わってきました。

 

ときには、勝負どころで長時間勤務することもあるかもしれないですが、
そうでない場合は「プライベートが充実するから仕事も捗る」考え方を持ってもいいかなって思います。


「自分の体は自分で守る」

 

最終的には、この強い意思をもっているかどうかで体をマネジメントするかしなかが決まると思っています。

 

❏Impressions

 

I had it on the bookshelf of the company, so I borrowed it and read it.

 

As an impression, I was surprised even myself, but the author's The idea that "If you do not raise physical strength, energy and intellect do not rise"
Many things that are exactly the same with me and that are similar to what I practice.

 

How many people manage the body properly?

 

It is a view of my narrow friend relationship, but among the people I have met so far
I think that "10%" does not exist for people who are managing and doing it.

 

Conversely speaking, the workers were able to get out of the work well.

 

In my 20s, my boss drinking party late at night (until morning), more than 13 hours a day (often staying at a company)There was a person who could do a great job.

 

However, I feel that the members below the boss often got tired of getting tired in the long run.
(Still I think that it was those who worked hard because I was a young member)

 

Also, looking back on the myself at that time, it seems that the productivity of the work was bad simply by "being in the company for a long time"

I was not able to notice.
(It may seem like I was making a contribution by staying in a company for a long time.)

 

Now, thanks to having experienced with the superiors who are doing their physical condition management properly and producing results
Exercise, diet, sleep is a custom of the following behaviors.

 

【motion】
· Futsal at the weekend
·Muscle training

【Meal】
· Bento (snack) in the daytime
· If you go for a drink, you will participate only until the first meeting
· Alcohol is a basic weekend

【sleep】
· Weekday also goes to bed by 23 o'clock
· Saturday and Sunday as well as weekdays go to bed at 23 o'clock

 

Originally, because I thought that I did not want to lower the productivity of work on weekdays because I felt sick,

I think that it has been possible to lower the probability of causing poor physical condition for a while.

 

Also recently not only for "for work" but "I want to play at weekends with full power"
Every day, I have come to think that I want to get thorough and well prepared for my physical condition.

 

Since I was a human being who used to say commonplace in the past, I thought how to enrich my private less
I did not have it.

 

However, it is very important to clearly switch between ON (work) and OFF (private)
think.

 

As we can have this way of thinking,

For example

In the past, at the weekend some people brought home computers for the company and returned an e-mail even though the degree of urgency was not high.

 

From a worker's point of view, it may be said that "I am doing my best at work."
But now I'm changing from negative to negative thinking "Why do not you do it on week days?"

 

Sometimes, you may work for a long time in the game,
If not, I think that it is good to have a way of thinking "I will improve my work because my private is full".


"Protect your own body yourself"

Ultimately, I think that deciding whether to manage the body depends on whether I have this strong intention or not.

 

気力より体力 一流のコンディションを手に入れる

気力より体力 一流のコンディションを手に入れる