1434-193

Stats of My Life(おいしい人生を味わうために、コツコツとチャレンジしたことを書くブログ)

AWS認定資格テキスト(著者:山下 光洋 海老原 寛之 2022年9冊目) #読書 #AWS

 

 

 

1末に試験を予約したので買って読んでみました。

無料の模擬試験の登録がうまくできなかったです。。。なんでだろ。

 

下記サイトが参考になりました。

zenn.dev

 

私の勉強のやり方は全体の構成をざっと書いて↓、そこから詳細理解に努めます。

 

やっぱり直にAWS触ったほうがイメージしやすいのですが、試験と実運用とでは求められる知識は違うと思うので、試験合格のためのインプットを優先します。

 

<メモ>

AWSクラウドの概念

・Design for Failure

コンポーネントの分離

・弾力性の実装

・並列化

 

AWSのセキュリティ

・責任共有モデル

・IAM

AWS Shield⇒DDos攻撃に対する保護サービス

AWS WAF

Amazon GuardDuty 悪意のある操作や不正な動作を継続的にモニタリングする脅威検出サービス

 

AWSのテクノロジー

・リージョン

アベイラビリティゾーン

・エッジロケーション

⇒リージョンとは違う場所に200以上のエッジロケーションがある。

⇒エッジロケーションではAmazon Route 53とAmazon CloudFrontを利用できる

 

コンピューティングサービス

・EC2

・ELB

・Auto Scaling

・Lambda

 

ストレージサービス

・EBS

・S3

 

ネットワークサービス

VPC

・CloudFront

・Route53

 

データベースサービス

・RDS

・DynamoDB

 

管理サービス

・CloudWatch

・Trusted Advisor

 

請求と料金