読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Third-gig

Stats of My Life

TEDTalk-マット・カッツの30日間チャレンジ-494語

A few years ago, I felt like I was stuck in a rut, so I decided to follow in the footsteps of the great American philosopher, Morgan Spurlock, and try something new for 30 days. The idea is actually pretty simple. Think about something you've always wanted to add to your life and try it for the next 30 days. It turns out 30 days is just about the right amount of time to add a new habit or subtract a habit -- like watching the news -- from your life.

There's a few things I learned while doing these 30-day challenges. The first was, instead of the months flying by, forgotten, the time was much more memorable. This was part of a challenge I did to take a picture every day for a month. And I remember exactly where I was and what I was doing that day. I also noticed that as I started to do more and harder 30-day challenges, my self-confidence grew. I went from desk-dwelling computer nerd to the kind of guy who bikes to work. For fun!

Even last year, I ended up hiking up Mt. Kilimanjaro, the highest mountain in Africa. I would never have been that adventurous before I started my 30-day challenges.

I also figured out that if you really want something badly enough, you can do anything for 30 days. Have you ever wanted to write a novel? Every November, tens of thousands of people try to write their own 50,000-word novel, from scratch, in 30 days. It turns out, all you have to do is write 1,667 words a day for a month. So I did. By the way, the secret is not to go to sleep until you've written your words for the day. You might be sleep-deprived, but you'll finish your novel. Now is my book the next great American novel? No. I wrote it in a month. It's awful.

But for the rest of my life, if I meet John Hodgman at a TED party, I don't have to say, "I'm a computer scientist." No, no, if I want to, I can say, "I'm a novelist."
So here's one last thing I'd like to mention. I learned that when I made small, sustainable changes, things I could keep doing, they were more likely to stick. There's nothing wrong with big, crazy challenges. In fact, they're a ton of fun. But they're less likely to stick. When I gave up sugar for 30 days, day 31 looked like this.
So here's my question to you: What are you waiting for? I guarantee you the next 30 days are going to pass whether you like it or not, so why not think about something you have always wanted to try and give it a shot! For the next 30 days.
Thanks.

 

何年か前のことですが どうもマンネリになっていると感じて アメリカの偉大な思想家である モーガン・スパーロックにならい 何か新しいことを30日間試してみることにしました。アイデアはいたって簡単です。自分の人生に加えたいと いつも思っていたことを取り上げ それを30日間 試しにやってみるのです やってみてわかるのは 30日というのが 新しい習慣を身に付けたり ニュースを見るといった 何かの習慣を絶つのに ちょうど良い長さだということです。

30日間チャレンジから学んだことがいろいろあります。

第一に 月日がいつの間にか過ぎ去っていくかわりにずっと記憶に残るようになります 1ヶ月毎日写真を撮るチャレンジで撮った1枚です。その日どこにいて何をしていたのか 私ははっきり覚えています。

もうひとつ気づいたのは 困難な30日間チャレンジをやる中で自分に対する自信がついたということです。出不精のコンピュータオタクが 楽しみのため会社に自転車で行くような人間へと 変わったのです。去年などは アフリカの最高峰 キリマンジャロに登りさえしました。30日間チャレンジをやる前は まったく冒険するようなタイプではなかったのに。
何かを本気でやりたいと思うなら 30日間で何だってできるとわかりました。小説を書いてみたいと思ったことは? 毎年11月に 何万人もの人が 30日間で 5万語の小説を 一から書こうと挑戦しています。実際やらなければならないのは ただ毎日 1,667語を 30日間書くことだけです。だからやってみました。ちなみにコツはその日のノルマを書くまでは寝ないということです。睡眠不足になるかもしれませんが 小説を書き上げられます それでアメリカが誇る傑作小説ができたのでしょうか? まさか! たった一月で書いたんです ひどい出来です。

でも私は今後の人生で TEDのパーティでジョン・ホッジマンに会ったようなとき もうこんな風に言わなくていいんです 「コンピュータの仕事をしています」 だって「小説家です」と言えるんですから(笑)
最後にもうひとつ言いたいのは小さな持続可能な変化であれば、続けられることをするならそれは身につくということです。大きな並外れたチャレンジというのも悪くはありません。きっと すごく楽しいことでしょう。

でも身につきません 私が30日間砂糖を断ったとき 31日目はこんな風でした(笑)

私が皆さんにお聞きしたいのは 「何を待っているの?」ということです 好むと好まざると 次の30日間は 過ぎていくのです そうであれば ずっとやりたかったことを 試しにやってみましょうよ 次の30日間で。
ありがとうございました