読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Third-gig

Stats of My Life

本感想<世界最高の商人:2016年32冊目>

 

世界最強の商人 (角川文庫)

世界最強の商人 (角川文庫)

 

 

自己啓発本です。

 

Amazonの評価で高かったので買って読んでみました。

 

感想としては、私はありきたりという表現が悪いですが、著名な自己啓発本に書いてあるような内容と同じことが書かれていると思ってしまいました。
(この本を座右の書としている方には申し訳ない)

 

読者の中にはこの本を毎日読むことを習慣としている人もいるようです。

この本に書かれている言葉を借りれば、毎日この本を読むことで

「良い習慣の奴隷」になれるそうです。

 

いい本を読んだだけでは人間何も変わらないですよね。
読んで、実践して、振り返って、また読んで、また実践して、また振り返っての繰り返しが必要ですよね。

 

<メモ>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
・私は今日から、新しい人生を始める
・失敗に関してはその定義はただ1つである
失敗とは、それが何であれ、その人生の目的に到達できないこと
・私は良い習慣を作り、その奴隷になろう
・私は今日という日を心からの愛をもって迎えよう
・私は成功するまでがんばりぬく
・私はこの大自然最大の奇蹟だ
・私は今日が人生の最後の日だと思って生きよう
・弱者とは、自分の感情が行動を支配するのを許す人のことである
・強者とは、自分の行動によって感情を支配する人のことである
・私は世間を笑おう
・私は自分の価値を100倍にする
・私は今、行動する
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−