Third-gig

Stats of My Life

本感想<リクルート流仕事ができる人の原理原則>

著者の経験、勉強したことから「52」の仕事の原理原則を書いています。

 

以下7章あり、

1.時間を有効に使う方法

2.資料をまとめるときに有効なフレーム

3.数字の読み方

4.毎日のビジネス生活で、気をつけるとよいこと

5.知っておくと得をする事

6.イマイチ社員とマル社員の少しの違い

7.さらにレベルアップするためのポイント

 

どの章も勉強にはなりましたが特に6章の「3つの輪」を意識している人はできる社員に、そうでない社員は仕事はつらいと考えることしかできなくなる、というのはなるほどなあと思いました。

 

「3つの輪」とは

WANT•••自分がやりたいこと

CAN•••自分ができること

MUST•••会社からの要請

WANTの輪がなく、CANとMUSTの輪が離れていれば辛い状態に、WANTとMUSTが重なり、CANもその輪に入っていて小さい場合には頑張れる、もしくは楽しい状態になるそうです。

 

日々の仕事から、自分はこの3つの輪を忘れてしまっていなか?と振り返るいい機会となりました。

 

リクルート流仕事ができる人の原理原則

リクルート流仕事ができる人の原理原則