1434-193

Stats of My Life(おいしい人生を味わうために、コツコツとチャレンジしたことを書くブログ)

新しい世界史へ--地球市民のための構想(著者:羽田 正 2021年1冊目)

 

 

新しい世界史へ――地球市民のための構想 (岩波新書)
 

 歴史認識の在り方を学ぶことができます。

 

当たり前ですが、日本で学ぶ"世界史"と他国で学ぶ"世界史"は異なります。

 

なぜなら、国には国の教育方針があるからです。帰属意識を高めるよう、自国歴史への誘導がされている国が大半です。

 

係争地などは、やはり自国利益を中心とした記述になりがちなことは、当たり前といえばそうですが、きちんと認識しておくことは必要だと思います。

 

西洋中心となっている世界史ですが、今後アジアがもし台頭してくるとすれば記述内容も変わってきたりするのでしょうか?

 

歴史本は大好きですが、事象は1つ。されど、どの角度からその事象を見るかによって、歴史の捉え方が大きく変わるように思えました。

 

オススメです。