Third-gig

Stats of My Life

「1440分の使い方-成功者たちの時間管理15の秘訣」読みました。(2018年31冊目)

 

1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣

1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣

 

 

ここ最近、プロジェクトがC/O後という状況もあって、木曜日ぐらいからエネルギーが月曜日に比べ疲れが貯まっているなーと思うことが多いこの頃です。

 

もっと自分の時間管理を改善したく本書を読んでみました。

 

本書を読んで自分の習慣に取り入れようと思ったのが次の3つ。

 

1.90分間隔で水をのむ、歩く、休憩するといった週間を取り入れる

2.何をやるにもタイマーをセットする

3.ほぼその場で対応する。メールや書類も一度しかみない

4.タスク表ではなくスケジュール表に記載する

 

 1点目は私の場合、3時間ぐらいデスクワークしていることがあるので休憩の習慣を身につけたいと思います。

2点目は処理スピードUPに効果的な方法と前から知っていたものの、習慣化できていないので習慣化できるようにしたいと思います。

3点目も常に一度で対応するようにする。塩漬けにしないのは重要だと思いました。

4点目は目からウロコだったのですが、タスク表はスケジュールに組み込むのに適していないので、常にタスクで溢れがちになり結局はストレスを貯めてしまうとのこと。スケジュール表に入れる方が時間を軸にタスクを組み込むの完遂しやすいそうです。

 

他にも参考になった時間管理方法

 

・3210のルール
メールは朝・昼・夕方の3回だけしかみない。21分で片付ける

・一週間70件の会議する方法(会議は20分しかしない)

・立って会議する
・会議中のスマホは禁止

・日次の小会議をいれる15分

・うまくいった人はほぼ全てのことにノーという
・成果の80%は全体プロセスの20%
入力と出力はアンバランスである

・1年ごとに自分の時間の見直しを測り、外部委託できるものはする

・生産性とは時間の問題ではなく、集中力とエネルギーの問題である

・完璧よりもリリースを目指す
・先延ばし癖に対して⇒説明責任を果たす相手をつくる

 

本書を読むといくらでも自分の時間は管理できそうだと思いました。