Third-gig

Stats of My Life

「宇宙に外側はあるか」読みました。(2018年8冊目)

 

 

 

↑リンク貼りがうまくできていないです。

 

ちょっと私には難しくて、読んでいるときにはフムフムとわかっているつもりになっているのですが、読んだ後にきちんと記憶に留まっていないので整理ができていないんだと思います。

 

宇宙になぜ興味があるかといえば、「謎」が多いから。知的好奇心を満たすものでいっぱいだからだと思います。

 

とはいえ、何十年も宇宙を理解しようと過去、現在研究者の数々の宇宙理論を理解するには、読み手にも事前知識が求められるものもたくさんあるんじゃないかなと思います。

 

宇宙のことを簡単に説明することは本当難しいと思います。

 

本書を読んで、少しずつ宇宙物理学?量子学?といったものを勉強してみたくなりました。